【夜間大学偏差値ランキング】あなたの選択を導く!

学習

大学受験偏差値ランキング

大学選び色々な選択肢があって悩んでしまいますね。

この記事では、働きながらでも学べる夜間大学の特徴と、その中でも特に偏差値に焦点を当てたランキングについて書いていきます。

夜間大学の偏差値は、その大学の学力レベルを示す一つの指標となります。

ランキングを見ることで、どの大学が自分の学力レベルに合っているか、またどの大学が自分の目指すキャリアに適しているかを判断することができます。

ただし、偏差値だけでなく、自分の目標や夢、そして自分がどのような環境で学びたいのかということも考慮に入れることが重要です。

この記事のポイント

  1. 夜間大学の偏差値ランキングとその意義
  2. 偏差値ランキング
  3. 夜間大学の学費とそれを投資と捉える視点
  4. 夜間大学のデメリットとその考慮点
  5. 夜間大学への編入のプロセスと要件

 

夜間大学偏差値ランキング:あなたの選択を導く

働きながら学ぶ:夜間大学の特徴

夜間大学は、働きながらでも学べるという大きな特徴があります。

しかし、その一方で、自己制御力が求められる場所でもあります。

自分の目標を叶えるためには、相当に強い精神力と行動力が必要となります。

そのため、自分が夜間部でやっていける人間かどうかを深く分析することが重要です。

 

夜間大学の偏差値:ランキングとその意味

夜間大学の偏差値は、その大学の学力レベルを示す一つの指標となります。

ランキングを見ることで、どの大学が自分の学力レベルに合っているか、またどの大学が自分の目指すキャリアに適しているかを判断することができます。

ただし、偏差値だけでなく、自分の目標や夢、そして自分がどのような環境で学びたいのかということも考慮に入れることが重要です。

大学受験偏差値ランキング

夜間大学の偏差値:ランキング

偏差値ランキング / 国公立

偏差値 大学名 学部 国立/私立
55 神戸市外国語大学 外国語2 公立
52.5 岡山大学 経済夜 国立
50 岡山大学 法夜 国立
広島大学 法夜 国立
47.5 富山大学 経済夜 国立
大阪教育大学 教育夜 国立
広島大学 経済夜 国立
愛媛大学 法文夜 国立
45 小樽商科大学 商夜 国立
山形大学 エ・フレックス 国立
茨城大学 エ・フレックス 国立
42.5 徳島大学 理工夜 国立
琉球大学 国際地域創造夜 国立
35 室蘭工業大学 理工夜 国立

偏差値ランキング / 私立

偏差値 大学名 学部 国立/私立
50 東洋大学 国際イブニング 私立
47.5 駒澤大学 法フレックスB 私立
東洋大学 文イブニング 私立
東洋大学 経済イブニング 私立
東洋大学 社会イブニング 私立
日本大学 法二 私立
45 國學院大学 神道文化フレックスA 私立
東洋大学 経営イブニング 私立
42.5 大阪経済大学 経営二 私立
福岡大学 商二 私立
40 北海学園大学 経営2 私立
東京電機大学 工二 私立
35 聖徳大学 教育夜 私立
熊本学園大学 社会福祉二 私立
 
 

夜間大学の学費:投資とリターン

夜間大学の学費は、昼間部と比較して一般的に安価であるという特徴があります。

しかし、その安さに惹かれて選択するだけではなく、自身の目標やキャリアパスを考慮に入れることが重要です。

具体的な数字を見てみましょう。

国立夜間大学の平均学費は約26万円、公立夜間大学の平均学費は約30万円、そして私立夜間大学の平均学費は約89万円となっています。

これらの数字からも、夜間大学は昼間部に比べて学費が約2/3程度に抑えられていることがわかります。

自分の目標を達成するためには、自己投資としての学費だけでなく、時間と労力も必要となります。

夜間大学の学費を「投資」と捉え、その「リターン」を自身のスキルアップやキャリアアップと考えることが重要です。

自分がどのような環境で学びたいのか、どのようなキャリアを目指しているのかということを明確にし、それに見合った投資をすることが、夜間大学選びにおける重要なポイントとなります。

夜間大学の学費
 

夜間大学のデメリット:考慮すべきポイント

夜間大学には、働きながら学べるというメリットがありますが、その一方でデメリットも存在します。

例えば、昼間部に比べて授業の選択肢が少なかったり、夜間部に通う学生が年々減少しているという事実も考慮に入れる必要があります。

これらのデメリットを理解した上で、自分にとって最適な選択をすることが重要です。

夜間大学のおすすめ:関東地区の選択肢

関東地区には多様な夜間大学が存在し、それぞれが独自の特色を持っています。

例えば、東京理科大学の夜間部は、学費が国立大学並みに設定されており、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

また、東京電機大学では、「はたらく学生入試」を実施しており、昼間は職員として働きながら、夜は学生として学ぶという新しいスタイルを提供しています。

しかし、選択する際には、ただ学費が安いからという理由だけで選ぶのではなく、自分が夜間部でしっかりと学べる人間であるかどうかを自己分析することが必要です。

また、夜間部に通う学生が年々減少しているという事実についても考慮する必要があります。

大学進学が当たり前化のように考えられている今の時代、会社に行った後に通うというタイプの学校は進学者が少なくなっており、学校自体も数を減らしているようです。

このような状況を深く考え、自分にとって本当に夜間部が適しているのかを見極めることが重要です。

夜間大学のおすすめ:関東地区

 

理系の夜間大学:科学への道

理系の夜間大学は、科学への道を目指す人にとって貴重な選択肢となります。

特に、東京理科大学の夜間部は、国立大学並みの学費で高品質な教育を受けることができ、コストパフォーマンスが非常に高いと評価されています。

しかし、理系の学部は実験や実習が多く、自己管理が求められる夜間部での学習は一層の努力を必要とします。

そのため、理系の夜間大学を選ぶ際には、自分が目指す道に対する強い意志と行動力が必要となります。

また、理系の夜間大学は、昼間に働きながら専門的な知識を身につけたいと考えている社会人にとって、理想的な環境を提供しています。

例えば、東京電機大学では「はたらく学生入試」を実施しており、昼間は職員として働き、夜は学生として学ぶという新しいスタイルの学生生活が実現可能です。

しかし、理系の夜間大学には、その特性上、一定の課題も存在します。

特に、実験や実習が必要な科目では、設備や時間の制約から、昼間部と比較して学べる内容が限られることがあります。

そのため、理系の夜間大学を選択する際には、自分が学びたい内容をしっかりと確認し、大学選びを行うことが重要です。

理系の夜間大学は、科学への道を進むための一つの選択肢です。

しかし、その選択をするためには、自分自身の目標と、そのために何を必要とするのかを明確にすることが求められます。

その上で、自分にとって最適な学習環境を選ぶことが、成功への第一歩となるでしょう。

 

理系の夜間大学

夜間大学への編入:プロセスと要件

夜間大学への編入は、一定のプロセスと要件を満たす必要があります。

編入試験を受けるための学力はもちろん、自己管理能力や時間管理能力も重要となります。

また、夜間部で学ぶことの難しさを理解し、それに対する対策を練ることも必要となります。

しかし、その一方で、夜間大学への入学には多くのメリットもあります。

例えば、昼間に働きながら学ぶことができるため、経済的な負担を軽減しながら学位を取得することが可能です。

また、一部の大学では昼間部の授業も自由に受けられる制度があります。

さらに、夜間大学の学費は昼間部に比べて約2/3程度に抑えられているため、学費面でもメリットがあります。

これにより、学生は昼間に働きながら、自分の時間を大切にしつつ、資格取得のための勉強にも時間を充てることができます。

ただし、夜間大学への編入は、一部の大学でしか受け付けていないため、自分が希望する大学が夜間部を設置しているかどうかを事前に確認することが重要です。

夜間大学への編入を考える際は、これらの要件とメリットを理解した上で、自分の生活スタイルや経済状況に合わせて進学先を選ぶことが重要です。

 

夜間大学は楽しい:学生生活の一部

夜間大学の学生生活は、昼間部とは異なる特色と楽しみがあります。

その一つが、昼間の時間を自由に使えるという特徴です。授業は基本的に1日2、3つのみで、そのため学生は昼間の時間を自分の好きなように活用することができます。

例えば、バイトや資格の取得、趣味の時間などに時間を充てることが可能です1

また、夜間大学では、さまざまな年齢層や背景を持つ人々との交流があります。

企業に勤めながら大学で学ぶ人、主婦や定年退職後に学びなおしのために通う人、資格を取るために通う人など、多様な人々との交流を通じて、自分自身の人生を考え直したり、目標設定のヒントをもらうことができるでしょう。

さらに、夜間部でもサークルに参加することが可能です。

授業時間が遅いため活動時間は制限されますが、大学生の醍醐味である部活やサークル活動を通じて、いろんな学生とコミュニケーションをとって交流を広げることができます。

しかし、夜間大学の学生生活には注意点もあります。

自己管理が求められるため、楽しみながらも自分の目標を見失わないように注意が必要です。

また、昼間部のサークルに参加する場合は授業のために途中までしか参加できない、出られる曜日が限られるなどのデメリットがあるため、サークルに熱中したいという人には不向きかもしれません。

夜間大学の学生生活は、自由な時間の活用、多様な人々との交流、サークル活動など、昼間部とは異なる楽しみがあります。

しかし、その一方で自己管理が求められるため、楽しみながらも自分の目標を見失わないように注意が必要です。

夜間大学は楽しい

まとめ

「夜間大学 偏差値ランキング」のポイント

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました