【勘違いしてるかも?!】シートベルトストッパーは違法なの?

シートベルトストッパー 雑学

 

シートベルトストッパー

シートベルトストッパーというアイテムは、多くのドライバーにとって身近な存在かもしれません。

特に長時間のドライブや特定の病状でシートベルトが体に負担をかける場合、このストッパーが非常に役立つことがあります。

しかし、「シートベルトストッパー 違法」というキーワードが気になる方も多いでしょう。

この記事では、シートベルトストッパーの法的な側面から、その選び方、使用上の注意点まで、幅広く解説します。

安全に、そして効果的にシートベルトストッパーを使用するための参考にしていただければ幸いです。

 

  • シートベルトストッパーの違法性:シートベルトストッパー自体は一般的に違法ではないが、使用方法によっては法的問題が生じる可能性がある。

  • 代用品とそのリスク:代用品や手作りのストッパーを使用する場合の安全性についての注意点とリスク。

  • 保険の適用:シートベルトストッパーの使用が自動車保険にどのように影響するか、特に事故が起きた場合の保険適用について。

  • 種類と選び方:マグネット式や子供用など、シートベルトストッパーの種類とその特徴、おすすめの選び方。

 

 

シートベルトストッパー 違法かどうかの基準

シートベルトストッパーが違法かどうかは、多くの人が疑問に思う点です。

結論から言うと、違法性はありません。

しかし、その使用方法や状況によっては、法的な問題が生じる可能性もあります。

例えば、ストッパーがシートベルトの機能を損なうような場合、違法とされることがあるかもしれませんので注意してください。

シートベルトストッパー 法的背景

シートベルトストッパーの法的背景を理解するためには、道路交通法を参照する必要があります。

この法律には、シートベルトの着用が義務付けられていますが、ストッパーに関する明確な記述はありません。

そのため、一般的には違法ではないとされています。

シートベルト義務化 いつから

シートベルトの着用が義務化されたのは、1971年の道路交通法改正からです。

この法改正以降、シートベルトの重要性が高まっています。

ただし、ストッパーに関する規制は特に設けられていないため、その使用は一般的に許されています。

病気との関連

一方で、シートベルトストッパーが病気と関連するケースもあります。

例えば、クラビクル(鎖骨)に負担をかけたくない場合や、妊娠中など、肥満状態、特定の病状でストッパーが推奨されることがあります。

後部座席の状況

後部座席に関しても、シートベルトの着用は義務です。

ストッパーを使用する場合、後部座席でもその効果やリスクは変わらないため、前席と同様の注意が必要です。

保険の関係性

シートベルトストッパーの使用が保険にどのように影響するのか、多くの人が疑問に思っているかもしれません。

一般的に、シートベルトストッパー自体は違法ではありませんが、その使用によって事故が起きた場合、保険の適用外となる可能性があります。

保険会社の見解

多くの自動車保険会社は、シートベルトストッパーの使用について明確なガイドラインを設けています。一般的には、正しく使用されている場合には保険が適用されることが多いです。しかし、誤った使用によって事故が起きた場合は、保険金が下りない可能性もあります。

事故時の保険適用

シートベルトストッパーが原因で事故が起きた場合、その事故に対する保険適用は非常に厳しくなる可能性があります。具体的には、人身事故の場合、医療費や慰謝料が支払われないケースも考えられます。

シートベルトストッパー 保険

シートベルトストッパーは違法でない!

  • オススメの種類
  • マグネット式の特徴
  • 代用品とそのリスク
  • 手作りの方法
  • 可愛いデザイン
  • 子ども用の特徴
  • なぜ必要なのか?
  • シートベルトストッパーの正しいつけ方
  • シートベルトストッパーの外し方
  • シートベルトキャンセラーとの違い
  • ダイソー
  • オートバックス
  • どこで売ってるの?

シートベルトストッパー おすすめの種類

シートベルトストッパーにはいくつかの種類があります。

おすすめは、安全性が確認された製品を選ぶことです。

価格帯は500円から1500円程度と、比較的手頃です。

シートベルトストッパー

マグネット式の特徴

マグネット式のシートベルトストッパーは、取り付けや取り外しが簡単な点が特徴です。

しかし、マグネットの力が弱いと、ストッパーが外れやすくなるため注意が必要です。

代用品とそのリスク

代用品を使用する場合、そのリスクを理解した上で使用することが重要です。

代用品は元々ストッパーとしての設計がされていない場合が多く、安全性が低い可能性があります。

 手作りの方法

手作りのシートベルトストッパーも一定の人気があります。

ただ、自作する場合は、その材質や強度に注意が必要です。

不適切な手作りストッパーは、シートベルトの機能を損なう可能性がありますので注意してください。

可愛いデザインの選び方

可愛いデザインのシートベルトストッパーも多く販売されています。

特に女性や子供向けには、キャラクターものが人気です。

 

子供用の特徴

子供用のシートベルトストッパーは、大人用とは異なる特徴があります。

例えば、子供の身体に合わせたサイズや、教育的な要素を取り入れたデザインなどが考慮されています。

ただし、子供用でも安全性は最優先です。

シートベルツストッパー

 なぜ必要なのか

シートベルトストッパーがなぜ必要なのかというと、シートベルトが体に当たって不快に感じる場合や、特定の病状でシートベルトが負担となる場合があります。

そのような状況でストッパーが役立つわけです。

シートベルトストッパー 正しいつけ方

具体的なつけ方

  1. ストッパーの位置を確認: まず、シートベルトを通常通り装着します。その上で、体に締め付けがきつすぎない位置にストッパーを設置する位置を確認します。
  2. ストッパーの装着: シートベルトストッパーをその位置に装着します。多くのストッパーはクリップ式であり、シートベルトを挟んで固定する形になります。
  3. 調整と確認: ストッパーを装着した後、しっかりと固定されているか確認します。必要に応じて、位置の微調整を行います。

注意点とデメリット

  • 締め付けの調整: ストッパーの位置を細かく調整したい場合や付け替える際に手間がかかる点がデメリットです。
  • 誤った使用方法: シートベルトがゆるゆるの状態でストッパーをしてしまうと、シートベルトがロックされず、事故時に非常に危険です。

シートベルトストッパーの外し方

  1. 安全確認: まず、車を安全な場所に停め、エンジンをオフにしてください。

  2. シートベルトの確認: シートベルトが正しく巻き取られているか確認してください。

  3. ストッパー位置の確認: シートベルトストッパーがどの位置にあるか確認します。

  4. ツールの準備: 必要ならば、ペンチやフラットヘッドのドライバーを用意します。

  5. ストッパーの固定解除: ストッパーがクリップで固定されている場合は、それを外します。ネジで固定されている場合は、ネジを外します。

  6. ストッパーのスライド: シートベルトストッパーをゆっくりとシートベルトからスライドさせて外します。

  7. 確認作業: ストッパーが完全に外れたことを確認します。

  8. シートベルトのテスト: 最後に、シートベルトが正常に動作するかテストしてください。

以上が一般的なシートベルトストッパーの外し方です。車種やストッパーの種類によっては手順が異なる場合がありますので、車のマニュアルや専門家のアドバイスも参考にしてください。

シートベルトキャンセラーとの違い

シートベルトキャンセラーとストッパーは似ているが、目的が異なります。

キャンセラーは、シートベルトの警告音を消す目的で使用されます。

一方、ストッパーは物理的な不快感を解消するために使用されます。

シートベルトストッパー 100均 ダイソーでの購入

ダイソーでもシートベルトストッパーは販売されています。

価格は100円から300円程度と非常に手頃です。

ただ、低価格な分、品質にはバラつきがあるため、購入時には注意が必要です。

シートベルトストッパー オートバックスでの取り扱い

オートバックスでもシートベルトストッパーは販売されています。

価格は500円から1500円程度で、専門店ならではの高品質な製品が多いです。

また、スタッフによるアドバイスも受けられるため、初めて購入する方にもおすすめです。

シートベルトストッパー どこで売ってるのか

シートベルトストッパーは、カー用品店や100円ショップ、オンラインショップなどで広く販売されています。

価格や品質は店舗によって異なるため、比較検討することがおすすめです。

まとめ シートベルトストッパーに関する重要なポイント

この記事のポイント

  1. シートベルトストッパー自体は違法でない
  2. 使用方法や状況によっては法的問題が生じる可能性あり
  3. 道路交通法にストッパーに関する明確な記述はない
  4. 保険の適用はストッパーの正・誤用に依存する
  5. 代用品の使用は高リスクで安全性が低い
  6. 手作りストッパーの場合、材質と強度に注意が必要
  7. マグネット式は取り付け・取り外しが簡単だが力が弱いと外れやすい
  8. 子供用ストッパーは大人用と異なる特徴があり、安全性が最優先
  9. 病状や特定の状況でストッパーの使用が推奨される場合もある
  10. 低価格のストッパーは品質にバラつきがあるため注意が必要
  11. シートベルトストッパーとシートベルトキャンセラーは目的が異なる
  12. 事故が起きた場合、保険適用は非常に厳しくなる可能性がある
タイトルとURLをコピーしました