どうして?【島移住はやめとけ】って言われるの?隠れたリスク

離島 移住 やめとけ 雑学

 

離島 移住 やめとけ

島移住の魅力は多く、自然環境の美しさやスローライフの実現など、多くの人々が憧れる要素が溢れています。

しかし、その裏には「島移住 やめとけ」と言いたくなるような隠れたリスクが数多く存在します。

この記事では、島移住を考えている方々に向けて、その美しい自然や地域社会とのつながりの裏側に潜むリスクや課題について詳しく解説します。

医療環境の制約、生活費の隠れたコスト、地域社会との関わりの難しさなど、島移住のリアルな側面を探ります。

  1. 島移住の隠れたコストと生活費
  2. 医療環境の制約とアクセス問題
  3. 地域社会との関わりとコミュニティ活動
  4. 自然環境の保全と個々の責任

島移住やめとけ 後悔と実際のリスク

  • 後悔の理由
  • 移住後の費用
  • 仕事
  • ランキング
  • 補助金
  • 募集
  • 魅力

島移住 後悔:多くの人が後悔している理由

島移住 後悔:具体的な落とし穴とその対策

島移住には夢とロマンがありますが、現実は厳しい場合も多く、後悔する人が少なくありません。

具体的には、以下のような理由で後悔するケースが報告されています。

仕事の不足

島によっては、特に観光シーズンオフに仕事が減少する場合があります。

年間を通じて安定した収入を確保するためには、複数の収入源を持つことが推奨されます。

例えば、観光業に関わる仕事と並行して、農業や漁業、オンラインビジネスなどを考慮すると良いでしょう。

医療環境の問題

島によっては医療施設が少なく、専門医がいない場合もあります。

年間で平均して医療費が20%高くなる島も存在します。

そのため、健康保険の充実や緊急時の対策(例:最寄りの大病院までのヘリコプター移動費用など)を考慮する必要があります。

孤独感

地域社会とのつながりが希薄な場合、孤独感を感じることがあります。

特に、年間で約40%の新規移住者が5年以内に元の地に戻るというデータがあります。

地域のイベントに参加する、地元の人々と積極的に交流するなど、コミュニティに根ざす努力が必要です。

これらの問題を避けるためには、事前のリサーチと準備が不可欠です。

短期間の体験移住を通じて、島の実情を把握し、必要な対策を講じることが後悔を防ぐ鍵となります。

具体的には、島ごとの年間収入の平均値や医療施設の数、地域社会とのつながり方などを調査することが推奨されます。

このような準備と対策が、後悔せずに島移住を成功させるための重要なステップです。

 費用:予想外の出費も

島移住を検討する際、費用は避けて通れない大きな要素です。

一見、都市部に比べて生活費が安いように思えますが、その裏には多くの「隠れたコスト」が存在します。

具体的には、住宅費で月額5万円から10万円、食費や日用品で月15万円、さらに交通費や通信費で月5万円が必要です。

これだけで既に月額25万円から30万円が必要となります。

さらに、島特有の要素として、医療費が高額になるケースも少なくありません。

例えば、一般的な内科の診察料が都市部では3,000円程度であるのに対し、島では5,000円以上かかる場合もあります。

また、緊急時に本州などへの移動が必要になった場合、その交通費も考慮に入れると、最低でも月額35万円以上の予算が安全と言えます。

このような隠れたコストを考慮に入れないと、後で厳しい生活を強いられる可能性が高くなります。

したがって、島移住の費用計画を立てる際には、これらの要素をしっかりと把握し、余裕を持った予算設定をすることが重要です。

島移住 費用

 仕事:現地での就職は?

島移住において、仕事の確保は非常に重要な課題です。

一般的に、多くの島では観光業が主力であり、その他の業種での就職は限られています。

具体的には、観光業での年収は約300万円から400万円が一般的ですが、これは観光シーズンに依存するため、オフシーズンには収入が大幅に減少する可能性が高いです。

リモートワークが可能な場合はその限りではありませんが、島のインフラが未整備である場合、安定したインターネット環境が確保できないこともあります。

そのため、リモートワークでの年収が600万円であっても、通信費や設備投資で年間約10万円以上のコストがかかることも考慮する必要があります。

また、農業や漁業などの地域産業に参加する選択肢もありますが、これらの業種でも収入は不安定で、特に漁業では初年度はほとんど収入が見込めない場合も多いです。

したがって、島移住を考える際には、仕事の選択肢と収入の安定性をしっかりと考慮し、複数の収入源を持つなどの戦略が必要です。

indeed 離島

島移住 ランキング:人気の島とは

  1. 石垣島(沖縄県) – 美しい海とダイビングスポットが魅力。月平均生活費は約25万円。
  2. 宮古島(沖縄県) – 温暖な気候と観光業が盛ん。医療施設も整っている。
  3. 淡路島(兵庫県) – アクセスが良く、農業や漁業が盛ん。月平均生活費は約20万円。
  4. 佐渡島(新潟県) – 自然環境が豊かで、観光業以外にも鉱山がある。
  5. 屋久島(鹿児島県) – 世界自然遺産にも登録されており、観光業が主な産業。
  6. 徳之島(鹿児島県) – 農業が盛んで、自然環境も良い。
  7. 隠岐の島(島根県) – 歴史と文化が豊かで、観光業が主な産業。
  8. 八丈島(東京都) – 農業と漁業、観光が主な産業。月平均生活費は約22万円。
  9. 尾道諸島(広島県) – サイクリングロードが有名で、観光業が盛ん。
  10. 小豆島(香川県) – オリーブの生産が有名で、観光業と農業が主な産業。

各島にはそれぞれ特有の産業や生活環境がありますので、自分のライフスタイルや仕事に合った島を選ぶことが重要です。

また、生活費や医療環境、仕事の機会などもしっかりとリサーチしておくことが大切です。

補助金:実は少ない?

島移住に際して、補助金があると聞くと安心するかもしれませんが、その実態は必ずしも期待に応えるものではありません。

具体的には、地方自治体が提供する補助金が最も一般的ですが、これには多くの条件が付いています。

例えば、一定期間以上の居住が必要であったり、地域社会への貢献が求められる場合があります。

さらに、補助金の金額も一般的には一人当たり100万円から200万円程度と、決して多くはありません。

この金額は、島移住にかかる初期費用や維持費に比べて非常に少なく、補助金だけで生計を立てるのは現実的ではありません。

また、補助金は先着順や抽選での配布が多く、確実に受けられるわけではない点も注意が必要です。

特に人気の島では、補助金の枠がすぐに埋まってしまうことも少なくありません。

このように、補助金はあくまで「補助」であり、主な生計手段としては不適切です。

したがって、島移住を検討する際には、補助金以外の収入源や費用対策をしっかりと考える必要があります。

島移住 補助金

募集:どうやって応募するのか

島移住の募集に応募する際、一般的には地方自治体や専門の移住支援機関が提供するウェブサイトで情報を収集します。

しかし、単に情報を見つけて応募するだけではなく、多くのステップと条件が存在します。

まず、各募集には独自の条件が設定されています。

例えば、一定の年齢制限、特定の職種での就労、または地域貢献活動への参加などが求められる場合があります。

これらの条件は、募集要項で明示されていることが多く、確認が必須です。

次に、条件を満たした場合は書類審査が行われます。

この際、履歴書やビジネスプラン、推薦状など、多くの書類が必要とされる場合があります。

書類審査を通過すると、面接や現地訪問が続くことも少なくありません。

さらに、一部の島では先着順での募集や、特定の期間内に応募しなければならない「応募窓口期間」が設定されている場合もあります

。このような期間は年に数回しかないことも多く、見逃すと次の機会は数ヶ月後になる可能性もあります。

このように、島移住の募集に応募する過程は多くのステップと詳細な条件が絡む複雑なものです。

したがって、事前にしっかりとリサーチと準備をして、条件をクリアする必要があります。

 

人気な島:話題の島を探る

人気の島移住先としては、石垣島や宮古島、淡路島がよくメディアで取り上げられます。

これらの島は観光業が盛んで、年間を通して多くの観光客が訪れるため、地元経済も比較的安定しています。

石垣島では、例えば、観光客一人当たりの平均支出が約30,000円とされています。

しかし、観光地であるためのデメリットも無視できません。特に生活費が高く、石垣島での平均的な家賃は都市部と比較して約1.2倍、食費も約1.5倍かかるといわれています。

また、観光シーズンには物価がさらに上がる傾向にあります。

一方、観光地でない「隠れた名島」も存在します。

これらの島はメディアで取り上げられることが少ないため、生活費が比較的安く、地域社会とのつながりも深いです。

例として、鳥取県にある隠岐の島は、自然環境が豊かで、地元の漁業や農業が盛んです。

こうした島では、年間を通じて安定した生活が可能であり、観光地のような物価の変動も少ないです。

このように、人気の島移住先は多様であり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

そのため、自分のライフスタイルや求める条件に合った島を選ぶことが重要です。

事前にしっかりとリサーチし、現地での生活費や仕事の状況、地域社会との関わり方などを考慮することが必要です

 魅力:自然との共存

島移住の魅力として最も挙げられるのは、美しい自然環境との密接な関係です。

多くの島では、豊かな海や山、独特の生態系があり、それが地域文化や生活に深く影響を与えています。

例えば、沖縄の一部の島では、サンゴ礁が観光資源として非常に重要であり、その面積は約3,800平方キロメートルにも及びます。

しかし、このような自然環境は非常にデリケートで、少しの人間活動で大きな影響を受けることがあります。

地域社会と協力して環境保全に取り組む必要があります。

具体的には、地域の環境保全活動に参加する、エコツーリズムを推進する、地元の持続可能な農産物を購入するなどの行動が求められます。

さらに、自分自身がどれだけその環境に貢献できるか、という視点も重要です。

例えば、沖縄の石垣島では、地元住民と観光客が協力してサンゴ礁の保全活動を行っています。

このような活動に参加することで、島の自然環境だけでなく、地域社会とのつながりも深まります。

このように、島移住の魅力は自然環境との共存ですが、それは同時に個々の責任と密接に関わっています。

自然環境を守り、地域社会と協力することで、その魅力を最大限に活かすことができます。

島移住 魅力

「島移住 やめとけ」と検索する前に

  • 体験
  • メリット
  • デメリット
  • 移住の理由

島移住 体験:一度は試してみる価値あり?

島移住の魅力や課題を理解する最も効果的な方法は、実際にその島で生活を体験することです。

多くの島では、短期滞在プログラムや体験移住プログラムが提供されています。

例えば、奄美大島では「体験移住プログラム」があり、1週間から1ヶ月の間で、現地の生活や仕事を体験できます。

このプログラムの参加費は約10万円から30万円となっています。

このようなプログラムを利用することで、島の生活環境、仕事の状況、地域社会との関わり方などを具体的に知ることができます。

また、短期滞在中に地域のイベントに参加したり、地元の人々と交流することで、その地域の文化や価値観に触れ、自分に合っているかどうかをより深く理解することができます。

しかし、短期滞在で得られる情報や体験はあくまで一例です。例えば、観光シーズンと非シーズンでは島の様子が大きく変わる場合があります。

そのため、複数回の短期滞在や、異なるシーズンに体験をすることで、より総合的な理解が得られます。

短期滞在での体験は、島移住を成功させるための重要な一歩と言えるでしょう。

事前にリアルな生活環境を知ることで、後悔することなく、より満足度の高い島生活を送ることが可能です。

 メリット:魅力的な面も

島移住には確かに多くの魅力がありますが、その中でも特に注目されるのは自然環境と地域社会との強いつながりです。

例えば、都市部では味わえないような豊かな自然環境が広がっています。

一部の島では、年間を通じて多様なフルーツや野菜が手に入る場合もあり、食の安全性や新鮮さが保証されています。

また、地域社会とのつながりも非常に密接です。島の住民は数百人程度と少なく、顔見知りが多いため、コミュニティのサポートが手厚いです。

実際、地域の祭りやイベントに参加することで、地元の文化や習慣を深く理解する機会も増えます。

さらに、スローライフを実現するには島移住が最適な場合もあります。

都市部の喧騒から離れ、月平均のストレスレベルが都市部に比べて約20%低いとされています。

しかし、これらのメリットを最大限に活かすには、自分自身のライフスタイルや価値観に合った島を選ぶ必要があります。

例えば、アウトドア活動が好きな人にとっては、自然環境が豊かな島が適していますが、逆に都会の便利さが手放せない人には不向きかもしれません。

このように、島移住のメリットも一概には言えないため、しっかりと自分自身と向き合い、考える必要があります。

島移住やめとけ メリット デメリット:考慮すべき点

島移住には確かに多くの魅力がありますが、その裏にはいくつかのデメリットやリスクが潜んでいます。以下に主要な考慮点を詳細に挙げます。

医療環境の制約

一部の離島では、最寄りの病院までフェリーで1時間以上かかる場合もあります。

さらに、特定の専門医療が必要な場面では、本州や四国、九州などへの移動が必要になることも。

その際の交通費は、年間で平均10万円以上かかるケースもあります。

自然災害のリスク

島は台風の影響を受けやすく、年間平均で3回以上の警報発令がある地域も存在します。

そのため、家屋の耐震・耐風強化や、非常用品の備蓄は必須です。

インフラの不便

離島によっては、公共交通が不便であり、車が必須となる場合もあります。

また、一部の島ではインターネット環境が不安定で、リモートワークに支障をきたす可能性もあります。

地域コミュニティとの適合

地域社会との適合が難しく、文化や習慣の違いから孤立するケースも報告されています。

特に、新規移住者が地域社会に溶け込むまでには平均で2年以上かかるとされています。

これらのデメリットを踏まえ、リスクマネジメントの計画をしっかりと立てることが、後悔しない島移住のための鍵です。

具体的には、医療環境の調査、自然災害への備え、インフラの確認、そして地域社会とのコミュニケーション計画をしっかりと策定することが推奨されます。

島移住 理由:本当に移住する価値があるのか

島移住を検討する際、その背後にある動機や目的を明確にすることは非常に重要です。

以下に、移住価値を評価するための具体的な指標と、それに対するリスクヘッジの方法を詳しく説明します。

自然環境の価値:

自然環境が豊かな島では、ストレスレベルが平均で20%低下するという研究結果もあります。

しかし、その自然環境を維持するためのコミュニティ活動に参加する時間や費用も考慮する必要があります。

スローライフの実現:

スローライフを求める人にとって、島移住は理想的な選択肢であることが多いです。

ただし、スローライフを維持するためには、年間で平均約300,000円の生活費が追加でかかる場合もあります。

仕事と収入の安定性:

島での仕事の機会は限られています。

観光業以外で働く場合、年収が本州等と比べて平均で20%低いケースも報告されています。

リモートワークが可能な場合は、この問題をある程度解消できます。

生活環境とインフラ:

島によっては、最寄りのスーパーマーケットや病院まで1時間以上かかる場合もあり、そのような状況に耐えられるかどうかも重要な評価指標です。

社会とのつながり:

地域社会との関わりが深い島では、新規移住者が受け入れられやすいですが、その一方で地域のルールや習慣に順応する必要があります。

これらの指標を総合的に評価し、それぞれに対するリスクヘッジの計画を立てることで、後悔のない島移住が可能です。

具体的には、事前に島での生活を体験したり、地域社会とのコミュニケーションを取ることで、リスクを最小限に抑えられます。

まとめ

 

どうして?【島移住はやめとけ】って言われるの?隠れたリスクのポイント

  1. 交通費が年間で平均10万円以上かかる可能性
  2. 台風の影響を受けやすく、年間平均で3回以上の警報発令がある地域も
  3. 家屋の耐震・耐風強化と非常用品の備蓄が必須
  4. 公共交通が不便で車が必須となる場合も
  5. インターネット環境が不安定でリモートワークに支障をきたす可能性
  6. 地域社会との適合が難しく、孤立するケースも報告
  7. 新規移住者が地域社会に溶け込むまでに平均で2年以上かかる
  8. 医療環境が制約され、最寄りの病院までフェリーで1時間以上かかる場合も
  9. 特定の専門医療が必要な場合は本州や四国、九州への移動が必要
  10. 補助金があると聞くが、多くの条件が付いている
  11. 書類審査に多くの書類が必要とされる場合も
  12. 応募窓口期間が設定されている場合もあり、見逃すと次の機会は数ヶ月後

 

沖縄移住についてはこちら

タイトルとURLをコピーしました