高校生のための看護学校合格への道!受験勉強法

看護学校 受験勉強 高校生 学習
 
看護学校 受験勉強 高校生1

 

看護学校の受験は、多くの高校生にとって大きな挑戦となるものです。

「高校生のための看護学校合格への道!受験勉強法」では、看護学校受験における効果的な勉強法や対策を紹介します。

国語、数学、英語、そして小論文といった主要な科目を中心に、基礎から応用までの学習方法を解説。

また、過去問題の活用方法や参考書の選び方、さらには自己PRの書き方など、受験に向けた総合的なアドバイスを提供します。

看護学校受験勉強を始める高校生の皆さん、一緒に合格を目指しましょう。

  1. 看護学校受験に必要な科目とその詳細
  2. 看護学校受験のための自己PRの重要性と具体例
  3. 小論文対策とその具体的な書き方
  4. 効率的な学習戦略と時間管理の方法

 

高校生のための看護学校受験勉強ガイド

今回は、看護学校の受験勉強について詳しく解説します。

これから紹介する内容を参考に、効率的な学習方法を見つけて、目指す看護学校への道を切り開いてください。

看護学校受験 いつから勉強を始めるべき?

看護学校の受験勉強は、早ければ早いほど良いと言えます。

しかし、具体的には、高校2年生の春から本格的に始めるのが理想的です。

なぜなら、この時期になると、高校の授業も一通り終わり、基礎的な知識が身についているからです。

また、受験までの時間も十分に確保できます。

ただし、早く始めたからといって無理な勉強は避け、自分のペースを守ることも大切です。

看護学校受験 どのくらい勉強すればいい? 何時間?

看護学校の受験勉強における一日の理想的な学習時間は、個々の学習スタイルや目標に応じて異なります。

一般的な指標として、一日に3時間以上、週に6日間の学習を目指すことが推奨されています。

この時間は、教育心理学者による研究から導き出されたもので、一定の学習効果を得るための最低限の時間とされています。

しかし、これはあくまで目安であり、実際の学習時間は個々の理解度や学習速度によって変わります。

一部の受験生は平日に3〜4時間、休日には5〜6時間を学習に費やすこともあります。

重要なのは、計画に沿ってコツコツと勉強を継続することと、その勉強の質です。

具体的には、50分間の学習に対して10分間の休息を取るという方法が一般的です。

このように、適切な時間管理と休息の確保を心掛けることで、効率的な学習を実現することが可能です。

また、休日はしっかりと体を休めることや、たまに外に出掛けて気分転換することも大切です。

最終的に、受験までの時間が短くても、諦めずに自分に合った勉強方法を見つけ、継続的に努力を続ければ、合格の可能性は十分にあります。

 

看護学校 受験勉強 高校生2

看護学校受験に必要な科目は何?

看護学校の受験に必要な科目は、学校によりますが、一般的には、国語、数学、英語、理科(特に生物)が必要とされます。

これらの科目をしっかりと理解し、問題解決能力を身につけることが求められます。

看護学校受験のための資格とは?

看護学校の受験資格は、基本的には高等学校(全日制)を卒業することが求められます。

ただし、高等学校に在籍中の者や、高等学校卒業見込みの者も受験することが可能です。

詳細は各学校の募集要項を確認しましょう。

看護学校受験のための参考書選び

看護学校受験のための参考書選びは、成功への道筋を描くための重要なステップです。

まず、基礎的な内容を理解するための参考書を選ぶことが重要です。

その後、過去問題集を用いて、実際の試験問題に対する対策を行います。

さらに、専門的な内容を学ぶための参考書も活用しましょう。

具体的には、「看護学校入試精選問題集」がおすすめです。

この問題集には、過去に専門学校や短大で実際に出た入試問題(英語・数学・国語)が多数掲載されています。

看護専門学校や短大の場合、過去問を入手するのは難しい状況にありますが、この問題集を利用することで、どのような問題が出るのか、難易度はどうなのか、自分の弱点分野はどこかといったことが分かるようになります。

数学は「坂田アキラの医療看護系入試数学ⅠAが面白いほどわかる本」がおすすめです。

解説が詳しくかいてあり、他の参考書よりもより疑問点が解消されます。

また、英語の勉強には医療英語に特化した単語の語彙力を上げることが必要です。

そのため、「高校入試わかる受かる英語」や「看護医療技術系の英単語メディ単」などの参考書が有用です。

国語は現代文のみの学校がほとんどで、出題されやすい漢字を勉強しておくと良いでしょう。

さらに、面接対策については、看護学校ならではの聞かれやすい質問が参考書にまとめられているので、うまく活用すると効率的です。過去問を利用して集中的な対策を行うことも大切です。

過去問題を解くことは、受験の出題傾向を見極めるために欠かせません。

以上のような参考書選びを通じて、自分自身の学習状況に応じて最適な学習計画を立てることが大切です。

それぞれの参考書が提供する情報を活用し、自分の弱点を補強しながら、看護学校受験に向けての準備を進めていきましょう。

看護学校 受験勉強 高校生3

看護学校受験のための塾選び

看護学校受験の成功に向けて、塾選びは重要な要素となります。

自身の学習スタイルに合った塾を選ぶことが肝心であり、看護学校受験に特化した塾を選ぶことも有効な手段となります。

看護学校受験のための塾選びは、ただ単に教えてくれる場所を選ぶだけではありません。

それは自分自身の学習スタイル、目標、そして看護師としての夢を実現するための重要なステップです。

塾は、あなたが看護学校の試験に向けて効率的に学習するための指導を提供します。

それは英語の勉強から数学、そして看護学校特有の問題集まで、幅広い範囲をカバーします。

また、看護学校受験に特化した塾は、その道の専門家から直接学ぶことができるため、一般的な塾よりも具体的な指導を受けることができます。

これらの塾では、看護学校の入試制度のチェックから、受験予定校の試験科目の把握、さらには志望校の過去問にトライするなど、看護学校受験に必要な全ての要素を網羅した指導を受けることができます。

しかし、塾選びにおいては、焦って選んでしまうのは禁物です。早めにパンフレットを取り寄せ、出願の準備をして、早めの日程で受験するようにしましょう。

また、オープンキャンパスに参加すれば、学校の雰囲気を肌で感じることができ、自分に合った塾を選ぶ判断材料になります。

さらに、予備校の利用も検討する価値があります。

特に時間が限られている社会人の方にとっては、予備校は学習面だけでなく、入試や学校に関する情報収集、面接対策や願書添削なども対応してくれるため、非常に有用です。

最後に、自分の実力と生活に合った勉強をすることが重要です。

無理せず、自分にあった勉強方法を見つけて、コツコツと努力を続ければ、看護学校受験の成功は十分に可能です。

 

高校生が看護学校受験勉強を成功させるための戦略

次に、具体的な学習戦略について解説します。これらの戦略を活用し、効率的な学習を行いましょう。

看護学校受験 受験科目一覧 何を勉強すればいい?

看護学校受験の科目は学校によりますが、一般的には国語、数学、英語、そして小論文が必要とされます。

これらの科目をしっかりと理解し、問題解決能力を身につけることが求められます。

以下、各科目の詳細と対策について説明します。

国語:

看護学校の入試における国語の学習は「現代文」を中心に行います。読解問題のほか、漢字・語句の意味・四字熟語・慣用句・文学史などの国語知識問題が出題されるため、これらの対策も欠かせません。

数学:

出題範囲は学校によりますが、数学Ⅰ(2次関数や三角比など)や数学A(場合の数・確率など)が中心です。

受験する学校の出題範囲を確認し、必要に応じて数学Aの勉強も行います。

英語:

中学レベルの英文法のおさらいと、英単語の繰り返し学習が必要です。

特に医療英語に特化した単語の語彙力を上げることが推奨されます。

小論文:

出題形式はテーマを示して書かせるものや、資料を読ませてその内容に基づいて書かせるものがあります。

基本的な対策として、各科目の基礎的な内容をしっかりと理解することが最も重要です。

その上で、過去問題を解くことで、実際の試験に対する対策を行います。

過去問題の解答は受験の出題傾向を見極めるために非常に有効です。

さらに、看護学校の偏差値を調査し、自分の学力に合わせて学校を選ぶこと、そして看護学校受験に特化した参考書を使用することも、効率的な学習に繋がります。

自分に合った参考書を見つけ、繰り返し学習することで、より深い理解と定着を目指しましょう。

看護学校 受験勉強 高校生5

看護学校受験の小論文対策

看護学校の受験では、小論文の出題がある場合があります。

小論文は、自分の意見を論理的に述べる力が問われます。

そのため、日頃から新聞記事を読んだり、社会問題について考えたりすることが有効です。

また、小論文の書き方を学ぶ参考書を活用するのもおすすめです。

小論文 具体例

テーマ: 「コミュニケーションとは何か、そしてそれが看護においてなぜ重要なのか」

「コミュニケーションとは、人と人との間で情報を交換し、理解し合うことです。

これは言葉によるものだけでなく、非言語的な手段によるものも含みます。

看護において、コミュニケーションは極めて重要な要素となります。

まず、看護師は患者の症状や気持ちを正確に理解するために、効果的なコミュニケーションを行う必要があります。

これにより、適切な看護ケアを提供することが可能となります。

また、患者自身が自分の病状や治療方針を理解するためにも、看護師からの明確で分かりやすい説明が求められます。これもまた、コミュニケーションの一環です。

さらに、看護師は患者だけでなく、医師や他の医療スタッフとも連携を取る必要があります。

これにも、効果的なコミュニケーションが不可欠です。

情報の共有や意思の疎通を図ることで、チームとして最良の医療を提供することが可能となります。

以上のように、コミュニケーションは看護において重要な要素であり、看護師としての資質を高めるためには、コミュニケーション能力の向上が求められます。」

この小論文では、テーマに対する自分の考えを論理的に述べ、具体的な例を挙げて説明しています。これにより、自分の意見が明確に伝わります。

看護学校 受験勉強 高校生6

看護学校受験のための自己PR対策

 自己PRは、自分をアピールするための大切な手段です。

しかし、ただ自分の長所を並べるだけではなく、その長所がどのように看護学校や看護師としての活動に生かせるかを具体的に述べることが重要です。

また、自己PRを作る際は、自分の経験や学びを通じて得た価値観や考え方を伝えることで、より深みのある自己PRになります。

自己PR 具体例

「私の強みは、人々と深くコミュニケーションを取る能力です。高校時代、ボランティア活動を通じて地域の高齢者との交流の場を設けるプロジェクトを主導しました。

その経験から、人々の心情を理解し、適切な対応をすることの重要性を学びました。

また、プロジェクトを通じて、チームでの協働やリーダーシップについても学びました。

これらの経験は、看護師として必要なコミュニケーション能力やチームワークを身につける機会となりました。

看護学校での学びを通じて、これらの能力をさらに深め、患者さん一人ひとりに寄り添った看護を提供できる看護師を目指しています。」

この自己PRでは、自分の強みとその強みがどのように看護師としての活動に生かせるかを具体的に述べています。

また、自分の経験や学びを通じて得た価値観や考え方も伝えています。

これにより、自己PRはより深みのあるものになります。

 

看護学校受験のための勉強方法

看護学校受験のための勉強方法は、個々の学習スタイルや目指す学校により異なりますが、以下の要点を押さえると効果的でしょう。

  1. 計画的な学習: 毎日の学習時間や学習内容を事前に決め、それを守ることが重要です。また、教科ごとの時間配分も考慮に入れましょう。例えば、数学は出題範囲が広く、中学レベルの復習から始め、数学Ⅰ、数学Aレベルの問題を解けるようになる必要があります。

  2. 自己理解の確認: 定期的にテストを行ったり、過去問題を解いたりすることで、自分自身の理解度を常に確認しましょう。特に、過去問題を解くことは受験勉強効率を上げるために効果的です。志望校の過去問題を解くことで、自分の弱い部分を知り、それに対する対策を徹底的に行うことができます。

  3. 適度な休憩: 長時間の一気勉強よりも、短時間を何回かに分けて学習する方が効果的です。また、受験勉強していると勉強するのがイヤになってしまったりすることがあります。そんな時は思い切って勉強するのをやめることで、いったん気持ちがリセットされ再度受験勉強に取り組めます。

  4. モチベーションの維持: 受験本番までモチベーションを維持するための工夫をしましょう。例えば勉強を終えた後に自分へのご褒美を用意するのも良いかもしれません。

以上のポイントを押さえつつ、自分に合った勉強方法を見つけて、コツコツと努力を続ければ、看護学校受験に成功することは十分可能です。重要なのは継続することなのです。

 

看護学校 受験勉強 高校生8

看護学校受験のためのスケジュール作り

看護学校受験に向けての学習スケジュール作りは、成功の鍵となります。

しかし、ただ時間を割くだけではなく、自分の生活リズムや集中力のピークを考慮したスケジュール作りが重要です。

また、科目ごとの強弱を把握し、弱い科目にはより多くの時間を割くなど、自分だけの最適なスケジュールを作り上げましょう。

スケジュール 具体例

時間 活動
07:00 起床・朝食
07:30 朝のウォーキングや軽いストレッチで体を目覚めさせる
08:00 英語の勉強(弱点科目)
10:00 休憩(軽い運動やストレッチ)
10:15 数学の勉強(強点科目)
12:00 昼食
13:00 自由時間(リラクゼーションや趣味の時間)
14:00 理科の勉強(弱点科目)
16:00 休憩(軽い運動やストレッチ)
16:15 国語の勉強(強点科目)
18:00 夕食
19:00 自由時間(リラクゼーションや趣味の時間)
20:00 過去問題の解答・復習
22:00 休憩(軽いストレッチや深呼吸)
22:15 明日の学習計画の作成・一日の振り返り
23:00 就寝

 

看護学校受験のストレス対策

受験勉強は、ストレスが溜まりやすいものです。

そのため、適切なストレス対策が必要です。

具体的には、趣味や運動を通じてリフレッシュする時間を設けることが有効です。

また、友人や家族と話すことで、気分転換を図ることも大切です。

さらに、適度な睡眠を取ることで、心身ともにリラックスすることが可能です。

以上が、高校生が看護学校の受験勉強を成功させるためのガイドとなります。

これらの情報を活用し、自分に合った学習方法を見つけてください。

そして、目指す看護学校への道を切り開いてください。

看護学校受験のための健康管理

受験勉強は精神的、肉体的にも負担が大きいものです。

そのため、健康管理は欠かせません。

具体的には、バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠時間の確保が基本となります。

また、リラクゼーションの時間を設け、心身ともにリフレッシュすることも大切です。

看護学校受験のためのモチベーション管理

長期間にわたる受験勉強では、モチベーションの維持が課題となることもあります。

そのため、自分の目標を明確にし、それを常に意識することが重要です。

また、小さな目標を設けて達成感を得ることで、モチベーションを維持することも有効です。

さらに、友人や家族に自分の目標を話すことで、外部からのサポートを得ることもおすすめです。

これらの内容を活用し、看護学校受験に向けての準備を進めてください。そして、自分の夢を実現するために、一歩一歩前進しましょう。

具体的な目標

  1. 長期的な目標: 「1年後の看護学校の入試で合格する」 これが最終的な目標です。この目標を達成するためには、以下のような中期的、短期的な目標を設定します。

  2. 中期的な目標: 「6ヶ月後には、全科目の基礎知識を身につける」 この目標は、長期的な目標を達成するためのステップとなります。この目標を達成するためには、以下のような短期的な目標を設定します。

  3. 短期的な目標: 「1週間後には、生物の基礎知識を全て理解する」 この目標は、中期的な目標を達成するためのステップとなります。この目標を達成するためには、以下のような日々の目標を設定します。

  4. 日々の目標: 「今日は、生物の細胞について学ぶ」 この目標は、短期的な目標を達成するためのステップとなります。

このように、長期的な目標から日々の目標まで、段階的に目標を設定することで、大きな目標も達成可能な小さなステップに分けることができます。

これにより、目標達成の過程が見える化され、モチベーションの維持につながります。

また、小さな目標を達成するたびに自分を褒めることで、達成感を得てモチベーションを維持することができます。

看護学校 受験勉強 高校生9

看護師学生の推移

  • 2022年度の看護学校の入学生は6万2876人で、前年度より978人減少しています。  少子化の影響もありますね。
  • 看護学科は受験生からの人気が高く、少子化の中でも学校側の意向とマッチして増加傾向にあります。
  • 看護師として就業する看護学生は9割弱で、就業先の大半は病院です。
  • 2019年現在、就業している看護師などの看護職員は168万3295人で、2025年には188~202万人が必要とされています。ニーズは増加傾向です。

データ出典:厚生労働省「看護師等学校養成所入学状況及び卒業生就業状況調査

まとめ

看護学校 受験勉強高校生のポイント

  1. 看護学校受験の科目は国語、数学、英語、小論文が基本である
  2. 国語の学習は「現代文」を中心に、漢字・語句の意味・四字熟語などの知識問題も対策が必要である
  3. 数学は数学Ⅰや数学Aが中心で、受験する学校の出題範囲を確認することが大切である
  4. 英語は中学レベルの文法と医療英語の語彙力向上が推奨される
  5. 小論文はテーマや資料に基づいての出題が考えられる
  6. 各科目の基礎的な内容の理解が最も重要である
  7. 過去問題を解くことで、出題傾向を把握することが有効である
  8. 看護学校の偏差値を調査し、自分の学力に合わせて学校を選ぶことが効率的な学習に繋がる
  9. ストレス対策として、趣味や運動、友人や家族とのコミュニケーションが有効である
  10. 健康管理はバランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠が基本である
  11. モチベーションの維持のために、自分の目標を明確にし、それを常に意識することが重要である
  12. 看護学校受験に特化した塾や予備校の利用も、効率的な学習や情報収集の面で有効である

 

 
 

 

タイトルとURLをコピーしました