【 2023 夏の必需品!】 保冷剤をタオルで包むメリット”

雑学

 

保冷剤 タオルで包む

保冷剤をタオルで包むという簡単な行為が、どのようにして冷却効果を高め、さらには安全性を向上させるのかを詳しく解説します。

タオルは保冷剤の冷気を逃がさず、外部の熱を遮断する役割を果たします。

これにより、保冷剤の冷却効果が長持ちし、一般的な保冷剤が約4時間の冷却を提供するのに対し、タオルで包むことでその時間が約6時間まで延長されるというデータもあります。

さらに、保冷剤が直接肌に触れることを防ぐ効果もあります。

これらの理由から、保冷剤をタオルで包んで使用することは、効果的かつ安全な方法と言えます

この記事を通じて、保冷剤の最適な使用方法を学び、夏の暑さをより快適に過ごしましょう。

 

 
  1. 保冷剤をタオルで包むことで冷却効果が長持ちする理由
  2. タオルで保冷剤を包むことによる安全性の向上
  3. 保冷剤をタオルで包む際の注意点と使用方法
  4. 保冷剤をタオルで包むことの具体的な利点と効果

 

保冷剤をタオルで包むとどうなる

 

保冷剤をタオルで包むと、保冷効果が長持ちします。

タオルは織り込まれたループ状のパイル糸が厚い空気の層を作り出し、これが保冷効果を高める要因となります。

新しくてフワフワ柔らかいタオルの方が、保冷効果があると言われています。

ただし、タオルの種類や厚みによっても効果は異なるため、試行錯誤しながら最適なものを見つけると良いでしょう。

さらに、科学的な観点から見ると、タオルが保冷剤の効果を高める理由は、タオルが保冷剤からの冷気を逃がさずに保持するためです。

つまり、タオルは保冷剤からの冷気を閉じ込め、その冷気が周囲に逃げ出すのを防ぐ役割を果たします。

この結果、保冷剤の冷却効果が長続きします。

また、保冷剤を直接肌に当てると冷たすぎて不快感を感じることがありますが、タオルで包むことでその冷たさを緩和することができます。

これは特に、暑い夏の日に保冷剤を使って体を冷やす際に有効です。

しかし、一方で注意点もあります。

タオルによって保冷剤の冷気が逃げにくくなるため、保冷剤が解ける速度は遅くなりますが、それは同時に保冷剤が冷えている時間も長くなるということです。そのため、体に長時間保冷剤を使用することは控えてください。

以上のように、保冷剤をタオルで包むことには多くのメリットがありますが、その効果はタオルの種類や厚み、そして使用する状況によるため、自分のニーズに最適な方法を見つけることが重要です。

保冷剤 タオル 包む

保冷剤の基本的な保管方法

保冷剤の基本的な保管方法は、使用しない時は冷凍庫で保存することです。

しかし、冷凍庫内のスペースが限られている場合や、保冷剤の量が多い場合は、他の方法を考える必要があります。

その一つとして、保冷バッグを使用して常温で保存する方法があります。

保冷剤を常温で保存する場合の手順は以下の通りです:

  1. 保冷剤を冷凍庫から取り出し、常温に戻します。この際、結露防止のために保冷剤を布で拭くと良いでしょう。
  2. 常温に戻した保冷剤を清潔に洗います。この時、アルコールで除菌すると更に衛生的です。
  3. 洗った保冷剤を保冷バッグに入れ、直射日光の当たらない場所に保管します。

この方法を用いることで、冷凍庫のスペースを有効活用することができます。

また、保冷剤が冷凍庫を圧迫することを防ぎ、他の食品を保存するスペースを確保することができます。

ただし、保冷剤の保管場所は、直射日光や高温を避け、子供の手の届かない場所にすることが重要です。

また、保冷剤が破れた場合や、臭いが気になる場合は、ジップロックなどの袋に入れてから保管すると良いでしょう。

保冷剤の持ち時間は、何時間?

保冷剤の持続時間は、その大きさ、材質、冷凍状態などによりますが、一般的には2〜6時間程度とされています。

しかし、この時間はあくまで一般的な目安であり、具体的な持続時間は保冷剤の種類や使用環境により大きく変わることがあります。

重量 (g) 大きさ 時間
30g 50mm×120mm 約1時間半
40g 75mm×100mm 約2時間
50g 75mm×110mm 約2時間半
100g 90mm×140mm 約3時間
200g 120mm×170mm 約5時間
300g 120mm×170mm 約6時間
400g 150mm×220mm 約8時間
500g 150mm×250mm 約10時間
800g 165mm×240mm 約16時間
1000g 190mm×280mm 約20時間

例えば、保冷剤の材質によっては、保冷効果が長持ちするものもあります。

また、保冷剤の大きさや形状も持続時間に影響を与えます。

大きな保冷剤や表面積が広い保冷剤は、より長時間冷たさを保つことができます。

さらに、保冷剤を冷凍する温度や時間、そして保冷剤を使用する環境の温度や湿度も、保冷剤の持続時間に影響を与えます。

例えば、高温多湿の環境では、保冷剤の冷却効果は早く失われる傾向があります。

保冷剤を長持ちさせる方法

保冷剤の持続時間を延ばすためには、保冷剤を適切な素材で包むことが有効です。

具体的には、プチプチやタオルなどが効果的です。

これらの素材は空気の層を形成し、保冷剤の冷気が逃げにくくなるため、保冷時間が延びます。

特に、プチプチは「気泡緩衝材」とも呼ばれ、空気のカタマリのような性質を持っています。

これにより、保冷剤の冷気が逃げにくくなり、保冷力が長持ちします。実際の実験では、プチプチで包んだ保冷剤が最も解けにくく、保冷力が最も長持ちしたと報告されています。

また、保冷剤を使用する前に十分に冷凍しておくことも重要です。

これにより、保冷剤の初期温度が低くなり、保冷時間が延びます。

さらに、保冷バッグやクーラーボックスなどを使用して外部の熱を遮断することも効果的です。

これらの方法を組み合わせることで、保冷剤の持続時間を最大限に延ばすことが可能です。

保冷剤長持ち

保冷剤をタオルで包んで使うメリット

保冷剤をタオルで包むと、その効果はさらに増します。

タオルは保冷剤の冷気を逃がさず、一方で外部の熱を遮断する役割を果たします。

これにより、保冷剤の冷却効果が長持ちし、例えば、一般的な保冷剤が約4時間の冷却を提供するのに対し、タオルで包むことでその時間が約6時間まで延長されるというデータもあります。

また、保冷剤が直接肌に触れることを防ぐ効果もあります。

保冷剤は非常に冷たく、直接肌に触れると冷えすぎて肌トラブルを引き起こす可能性があります。

しかし、タオルで包むことで、その冷たさが緩和され、肌への刺激を軽減します。

さらに、万が一保冷剤が破れて液体が漏れ出した場合でも、タオルがその液体を吸収します。

これにより、液体が周囲に広がるのを防ぎ、衛生的な状態を保つことができます。

これらの理由から、保冷剤をタオルで包んで使用することは、効果的かつ安全な方法と言えるでしょう。

 

保冷剤が凍るまでの時間:固まる時間

保冷剤が完全に凍るまでの時間は、その大きさや材質、そして冷凍庫の温度によりますが、一般的には約2〜4時間程度とされています。

しかし、これはあくまで一般的な目安であり、具体的な時間は保冷剤の種類や冷凍庫の設定によります。

例えば、大きな保冷剤や特殊な材質のものは、それ以上の時間を要することもあります。

また、冷凍庫の温度が-18℃(一般的な家庭用冷凍庫の設定温度)よりも低い場合、保冷剤が凍るまでの時間は短くなります。

そのため、保冷剤を使用する前には十分に時間を見て冷凍することが重要です。

また、保冷剤が完全に凍っているかどうかを確認するためには、保冷剤を握ってみて硬さを確認すると良いでしょう。

保冷剤がまだ柔らかい場合は、まだ完全には凍っていない可能性があります。

保冷剤をどこで売ってる?

保冷剤の購入場所として、スーパーマーケット、ドラッグストア、100円ショップが一般的ですが、さらに多様な選択肢を求めるなら、Amazonなどのオンラインマーケットプレイスも大変便利です。

ここでは、1,000種類以上の保冷剤が取り扱われており、価格帯も100円から数千円と幅広く、サイズや冷却持続時間、再利用可能か否かなど、自分のニーズに最適なものを選ぶことが可能です

保冷剤の使用期限について

 

保冷剤には特に使用期限は設定されていませんが、その性能は使用状況や保管状態により変動します。

一般的に、保冷剤は何度も使用するとその冷却効果が徐々に落ちてきます。

また、保冷剤が破れたり、異常な臭いがする場合は使用を控え、新しいものに交換することをおすすめします。

さらに、保冷剤の性能を維持するためには、使用後はきちんと乾燥させてから冷凍庫に保管することが重要です。

湿度が高い状態で保管すると、保冷剤の表面が劣化しやすくなり、その結果として冷却効果が低下する可能性があります。

また、保冷剤の種類によっては、使用前に冷凍庫で一定時間以上冷やす必要があるものもあります。

そのため、保冷剤の取扱説明書やパッケージの指示に従って適切に使用し、保管することが、長期間にわたって保冷剤の性能を維持するための鍵となります。

保冷剤が臭い時の対処法

保冷剤が臭い時の対処法としては、まずは保冷剤を清潔な布で拭き、乾燥させることが基本です。

その上で、保冷剤を新聞紙やタオルで包んでから冷凍庫に入れると、臭いを抑えることができます。

さらに、保冷剤が臭い原因としては、保冷剤の表面が汚れているか、または保冷剤自体が劣化している可能性があります。

そのため、定期的に保冷剤の清掃を行うこと、または新しい保冷剤に交換することも重要です。

また、保冷剤が臭い場合は、食品と一緒に使用することは避け、食品への影響を防ぐようにしましょう。

保冷剤が固まらない理由と対策

保冷剤が固まらない理由としては、冷凍庫の温度が十分に低くない、または保冷剤自体が古くなって効果が落ちている可能性があります。

対策としては、冷凍庫の温度設定を確認し、必要であれば調整すること、または新しい保冷剤に交換することが有効です。

また、保冷剤の種類によっては、特定の温度以下でないと固まらないものもあります。

その場合は、冷凍庫の温度をその温度以下に設定する必要があります。

具体的な温度設定や保冷剤の種類については、製品のパッケージやメーカーのウェブサイトを参照してください。

保冷剤を枕として使用する危険性

保冷剤を枕として使用する際のリスクは、冷たさによる頭痛の発生や、保冷剤が破れて液体が漏れ出た際の皮膚への刺激があります。

特に、保冷剤を長時間にわたって直接皮膚に当て続けると、皮膚が冷たすぎて感覚が鈍くなる(麻痺する)可能性があります。

これは、20分以上の冷却は組織の損傷を引き起こす可能性があるためです。さらに、極端な場合には霜焼けや組織壊死を引き起こす可能性もあります。

そのため、保冷剤を枕として使用する際は、タオルなどで包んで直接肌に触れないようにすることが推奨されます。

また、保冷剤を使用する時間も管理し、感覚が鈍くなったらすぐに取り除くことが重要です。

 

保冷剤を脇の下に置く理由

保冷剤を脇の下に置くと、体温を効率よく下げることができます。

これは、脇の下には大きな血管が通っているため、冷たい刺激が直接血流に伝わり、体全体を冷やす効果があるからです。

この原理は、体温調節に使われる冷却パッドやフィーバーパッチにも応用されています。

しかし、保冷剤が直接肌に触れると、皮膚に寒冷傷を引き起こす可能性があるため、タオルなどで包んで使用することが推奨されます。

また、長時間の使用は神経を鈍感にする可能性があるため、使用時間を適切に管理することも重要です。

保冷剤を体に巻く方法

保冷剤を体に巻く際は、まず保冷剤をタオルで包みます。

その上で、保冷剤を必要な部位に当て、さらにその上からバンドなどで固定します。

この方法は、スポーツでのクーリングダウンや熱中症対策として有効です。

しかし、保冷剤を直接肌に当てると冷たすぎて皮膚にダメージを与える可能性があるため、必ず何らかの布で保冷剤を包んでから使用しましょう。

また、保冷剤を固定する際は、血流を妨げないように適度な締め付け感を保つことが重要です。

保冷剤が破れた時の対処法

保冷剤が破れた場合、最初に行うべきは、漏れ出た液体を清潔な布で拭き取ることです。

その後、破れた保冷剤をジップロックなどの密閉可能な袋に入れ、冷凍庫で保管します。

しかし、これは一時的な対策であり、破れた保冷剤は新しいものと交換することが最善の対策となります。

さらに、保冷剤が頻繁に破れる場合は、その使用方法や保管方法を見直すことも重要です。

例えば、保冷剤を硬い物に強く当てたり、鋭利な物と一緒に保管したりすると、保冷剤が破れる可能性が高まります。

これらの行為を避け、適切に保冷剤を取り扱うことで、保冷剤が破れるリスクを低減することができます。

 

保冷剤の捨て方について

保冷剤は基本的には可燃ごみとして捨てることができます。

ただ地域によっては不燃ごみとして捨てるころもありますので、保冷剤の捨て方は、自治体の指示に従ってください。

一般的には、保冷剤の中身をトイレなどに流さず、そのままの状態でゴミとして出します。

また、保冷剤にはプラスチック製のものとゲル状のものがあり、それぞれの捨て方が異なる場合があります。

保冷剤 捨て方

 

保冷剤の寄付について

保冷剤の寄付については、いくつかの組織が受け付けています。

例えば、無印良品で保冷剤を回収しています。

2021/09/09

2021年9月10日(金)より、全国の無印良品126店舗にて、不要になった保冷剤を回収し、リユースする取り組みをはじめます。
回収したものは洗浄、殺菌後に凍結して、冷凍食品のお持ち帰り用に再利用します。

※回収は、冷凍食品、チルドスイーツの取り扱いがあるお店で行いますが、一部、実施対応外のお店も含まれます。詳しくは、直接お店までお問い合わせください
※無印良品でお渡しした以外の保冷剤も回収しています
※回収できるのは袋状のソフトタイプのみです。袋状の不織布タイプ、ブロック状のハードタイプは回収対象外です
※保冷剤は、洗浄・解凍してお持ちください
※穴があいているもの、よごれ、においがあるものは回収できません

                      無印良品より引用

                              

その他、寄付を受け付けている組織は地域により異なるため、地元の自治体やリサイクルセンターに問い合わせてみてください。

 

まとめ

この記事のポイント

  1. 保冷剤をタオルで包むと、その冷却効果が長持ちする
  2. タオルは保冷剤の冷気を逃がさず、外部の熱を遮断する役割を果たす
  3. 保冷剤が直接肌に触れることを防ぎ、肌トラブルを引き起こす可能性を低減する
  4. 万が一保冷剤が破れて液体が漏れ出した場合でも、タオルがその液体を吸収し、衛生的な状態を保つ
  5. 保冷剤をタオルで包むと、一般的な保冷剤が約4時間の冷却を提供するのに対し、その時間が約6時間まで延長される可能性がある
  6. 保冷剤をタオルで包むことは、効果的かつ安全な方法である
  7. 保冷剤を体に巻く際は、まず保冷剤をタオルで包み、必要な部位に当て、さらにその上からバンドなどで固定する
  8. 保冷剤を固定する際は、血流を妨げないように適度な締め付け感を保つことが重要である
  9. 保冷剤が破れた場合、最初に行うべきは、漏れ出た液体を清潔な布で拭き取ることである
  10. 保冷剤を適切な素材で包むことが有効で、具体的には、プチプチやタオルなどが効果的である
  11. 保冷剤を枕として使用する際のリスクは、冷たさによる頭痛の発生や、保冷剤が破れて液体が漏れ出た際の皮膚への刺激がある
  12. 保冷剤を脇の下に置くと、体温を効率よく下げることができる

 

タイトルとURLをコピーしました