富士急ハイランドチケット、当日でも買えるのは本当?

富士急ハイランド チケット エンタメ

富士急ハイランド チケット

富士急ハイランドチケット当日でも買えるの??、富士急ハイランドのチケットについて詳しく解説していきます。

当日でも購入可能なチケットの種類や料金、購入方法、そして注意点まで、あなたが富士急ハイランドを訪れる際に必要な情報を網羅しています。

混雑具合やイベント開催により当日券の販売が制限されることもあるため、事前に最新の情報を確認することをおすすめします。

  1. 富士急ハイランドのチケットは当日でも購入可能であるが、混雑具合やイベント開催により制限がある場合もある
  2. チケットの種類や料金、購入方法についての詳細
  3. フリーパス以外にもアフタヌーンパスや年間フリーパスなどのチケットが存在する
  4. チケットは原則として購入後のキャンセルや変更はできないが、特例として変更や払い戻しが可能な場合もある

富士急ハイランドのチケット、当日でも買える?

富士急ハイランドのチケットは、当日でも購入可能です

しかし、混雑具合やイベント開催などにより、当日券の販売が制限されることもあります。

そのため、事前に公式ウェブサイトで最新の情報を確認することをおすすめします。

富士急ハイランド チケットの基本情報(フリーパス)

フリーパス(店頭・アプリ)
年齢 価格
大人(18歳~64歳) ¥6,000 – ¥7,800
中高生 ¥5,500 – ¥7,300
小学生 ¥4,400 – ¥5,000
シニア(65歳~) ¥2,100 – ¥2,500

                                        富士急公式

これらの料金は全てフリーパスの料金で、1日中乗り放題となります。

ただし、一部対象外となっているアトラクションもあるので注意が必要です。

フリーパス対象外アトラクション

  1. 戦慄迷宮〜慈急総合病院〜
  2. FUJIYAMA ウォーク
  3. FUJIYAMA スライダー
  4. 幻影劇場
  5. 忍術カーニバル
  6. 特別イベント等

これらのアトラクションはフリーパスの対象外となっていますので、ご注意ください。

富士急公式

どこで買えるの? 富士急ハイランド チケットの売り場情報

富士急ハイランドのチケット売り場は公園の入口近くに位置しており、公園の開園時間と同じ営業時間を持っています。

しかし、混雑時には売り場が混雑することもあるため、事前にオンラインで購入することをおすすめします。

また、エポスカードを提示すると、フリーパスが最大1,000円割引(繁忙期は200円割引き)になる特典があります。

さらに、オンラインで顔写真を登録する「オンライン顔登録フリーパス」を利用すると、当日入場前に顔登録に並ぶ時間を省略できます。

これは特に朝から混雑が予想される時期に行く方におすすめです。 

 

フリーパス以外のチケットは? 富士急ハイランド その他のチケットの値段

 

アフタヌーンパス
年齢 価格
大人(18歳~64歳) ¥4,100 – ¥5,900
中高生 ¥3,800 – ¥5,600
小学生 ¥3,500 – ¥4,100
シニア(65歳~) ¥1,700 – ¥2,000

富士急ハイランド公式アプリ専用チケット
13時以降より利用できるアトラクション乗り放題のチケットです。

年間フリーパス
カテゴリー 価格
大人 ¥21,300
中高生 ¥19,800
小学生 ¥13,800
幼児 ¥7,800
シニア ¥7,800

1年に3回以上行くならお得なチケットです。                    富士急公式

まだまだある?!期間限定チケットの料金

チケット名 期間 特典 価格
3世代ファミリーチケット 7/20(木)~10/1(日) 大人とシニアのフリーパス購入で幼児のフリーパスが無料(最大2名まで)

大人:¥6,000~7,800、

中高生:¥5,500~7,300

、小学生:¥4,400~5,000、

シニア:¥2,100~2,500

注意点:

  • 購入後の払い戻しはできません。
  • 最大8名まで購入可能、幼児のフリーパス無料は最大2名まで適用です。
  • 大人1名+シニア1名のフリーパス購入で、幼児1名のフリーパスが無料となります。
  • 公式アプリ内でのご購入となりますが、すべてのチケットは窓口引換となります。ご購入後、公式アプリに表示されるもぎり画面を第一、第二入園窓口にて、ご提示ください。スクリーンショット、印刷での引き換えは不可となります。
  • 販売開始は2023年7月19日(水)19:00~となります。
チケット名 期間 特典 価格
オンライン2Daysシーズンパス 8/1(火)~10/1(日)販売予定 期間中2日間利用できるフリーパス

大人¥11,600

中高¥10,600

小学生¥8,400

シニア¥4,000

注意点:

  • 購入後の払い戻しはできません。
  • 最大8枚まで購入可能です。
チケット名 期間 特典 価格
ZOKKONトリプルパス【A】 7/20(木)~10/1(日) 「ZOKKON」絶叫優先券(11:00~11:30)+中型アトラクション絶叫優先券2機種+フリーパス

大人:¥11,500、

中高生:¥11,000

小学生:¥8,900

ZOKKONトリプルパス【B】 7/20(木)~10/1(日) 「ZOKKON」絶叫優先券(13:00~13:30)+中型アトラクション絶叫優先券2機種+フリーパスのセット券

大人:¥11,500

中高生:¥11,000

小学生:¥8,900

注意点:

  • 購入後の払い戻しはできません。
  • 最大5枚まで購入可能です。
  • 公式アプリ内での購入ですが、チケットは窓口引換となります。
  • ZOKKONの絶叫優先券は指定時間のみ利用可能です。
  • 中型アトラクションは2機種選べます。利用前に利用基準をご確認ください。 

富士急ハイランド チケットの購入方法

富士急ハイランドのチケットは、公式ウェブサイトやチケット販売所で購入できます。

公式ウェブサイトから購入する場合、クレジットカードやデビットカード、各種決済アプリが利用できます。

富士急ハイランドチケットのキャンセルポリシー

富士急ハイランドのチケットは、原則として購入後のキャンセルや変更はできません。

しかし、天候やパークの運営状況によっては、特例としてチケットの変更や払い戻しが可能になることもあります。

詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。

 

富士急ハイランド チケットの割引情報

割引クーポン
エポスカードご優待 エポスカード
タイムズクラブ優待  タイムズクラブ
セゾンカード・UCカードの優待  セゾンカード
JAF会員特典  JAF優待
クラブオフ  クラブオフ
ベネフィットステーション  ベネフィットステーション
ドコモスゴ得コンテンツ  ドコモスゴ得

富士急ハイランド チケットの学割情報

チケット名 詳細 価格 販売期間 利用期間 販売場所
思い出応援シーズンパス(期間限定) 1回分のフリーパス料金で最大84日間何度でも利用可能

大学生:6,400円、

中高生:5,900円、

小学生:4,600円

2023年2月2日(木)17:00〜2023年3月31日(金)20:00 2023年2月4日(土)〜2023年4月28日(金) 富士急ハイランド公式アプリ
特典付きフリーパス(期間限定) 1日分のフリーパス料金で、パーク内でのショッピングや食事に使える2,000円分のお買い物券が付いたフリーパス

大学生:6,400円(通常8,000円〜8,800円相当)

中高生:5,900円(通常7,500円〜8,300円相当)

小学生:4,600円(通常6,400円〜7,000円相当)

2023年2月2日(木)17:00〜2023年4月28日(金)12:00 2023年2月4日(土)〜2023年4月28日(金) 富士急ハイランド公式アプリ
学割フリーパス『フジキュー学割』(期間限定) 通常料金より500円お得になるフリーパス

大学生:5,500円〜6,300円(通常6,000円〜6,800円相当)、

中高生:5,000円〜5,800円(通常5,500円〜6,300円相当)、

小学生:3,900円〜4,500円(通常4,400円〜5,000円相当)

2023年2月2日(木)17:00〜2023年4月28日(金)12:00 2023年2月4日(土)〜2023年4月28日(金) 富士急ハイランド公式アプリ/現地チケット窓口

今年の購入は期間が終了してしまっています。来年またチェックしてみてください!

富士急ハイランド チケットのコンビニでの購入・割引情報

富士急ハイランドのチケットは、コンビニ販売が終了しております。

富士急ハイランド チケット付きホテル情報

富士急ハイランド周辺には、チケットがセットになった宿泊プランを提供しているホテルも存在します。

これらのプランを利用すると、宿泊とチケットを一緒に予約でき、手間を省くことができます。

例えば、平日利用で富士急ハイランドのフリーパス付き宿泊プランは通常25,000円ですが、全国旅行支援適用価格後には20,000円となります。

また、日帰りツアーも対象で、首都圏の主要駅から直通バスまたは電車での往復交通費と、富士急ハイランドのフリーパス代金を含んだ日帰りツアーも20%オフ+クーポンがもらえます。

ただし、プランによっては一部のアトラクションが利用できない場合もあるため、詳細はホテルに問い合わせてください。

 

まとめ

この記事のポイント

  1. 富士急ハイランドのチケットは当日でも購入可能だが、混雑具合やイベント開催により制限がある場合もある
  2. チケットの最新情報は公式ウェブサイトで確認することが推奨されている
  3. フリーパスの料金は年齢により異なり、大人は¥6,000 – ¥7,800、中高生は¥5,500 – ¥7,300、小学生は¥4,400 – ¥5,000、シニアは¥2,100 – ¥2,500
  4. フリーパスは一部対象外のアトラクションが存在する
  5. チケットは公式ウェブサイトやチケット販売所で購入可能で、クレジットカードやデビットカード、各種決済アプリが利用できる
  6. チケットは原則として購入後のキャンセルや変更はできないが、天候やパークの運営状況によっては特例として変更や払い戻しが可能な場合もある
  7. フリーパス以外にもアフタヌーンパスや年間フリーパスなどのチケットが存在する
  8. エポスカードを提示すると、フリーパスが最大¥1,000割引になる特典がある
  9. オンラインで顔写真を登録する「オンライン顔登録フリーパス」を利用すると、当日入場前に顔登録に並ぶ時間を省略できる
  10. 富士急ハイランド周辺には、チケットがセットになった宿泊プランを提供しているホテルも存在する
  11. フリーパスの割引情報として、エポスカード、タイムズクラブ、セゾンカード、UCカード、JAF、クラブオフ、ベネフィットステーション、ドコモスゴ得などがある

 

【戦慄迷宮ネタバレ】リタイア率20%の恐怖体験

タイトルとURLをコピーしました