アミューズメントメディア 総合学院の評判 本当に価値があるのか?

アミューズメントメディア総合学院の評判 学習

 

アミューズメントメディア総合学院の評判

アミューズメントメディア総合学院AMG)は、声優、イラスト、ゲーム開発など多岐にわたるクリエイティブな分野で高い評価を受けています。

しかし、この学院についての評判はどうなのでしょうか?

年間学費は約1,200,000円と一般的な専門学校と比較しても高くはありませんが、その教育内容と設備はその価格に見合ったものなのでしょうか?

この記事では、「アミューズメント メディア総合学院 評判」について、学費、教育内容、学生と卒業生の評価、そして業界での評価など、多角的に解説していきます。

  • 学費と奨学金制度について
  • 教育内容とカリキュラムの特色
  • 学生と卒業生からの評価
  • 業界での評価と就職率

 

  1. アミューズメント メディア 総合 学院 評判:全体の概要
    1. アミューズメントメディア総合学院とは?
    2. アミューズメントメディア総合学院 落ちる?
    3.  評判 声優科はどうなの?
      1. 口コミでの高評価
      2. 卒業生からの評価
      3. 学費に対する評価
      4. カリキュラムと教育内容に対する評判
      5. ネガティブな評価とその対処
    4.  評判 イラスト科はどうなの?
      1. 口コミでの特色評価
      2. ソフトウェアと実践的な授業
      3. 卒業生からの評価
    5. 評判 ゲーム科はどうなの?
      1. ゲーム開発環境のリアルな再現
      2. プログラミングからデザインまでの総合教育
      3. 学費について
      4. 卒業生の実績
    6. 掲示板での評判は?
    7. 専門学校ではない!
      1. 無認可校のデメリット
      2. 無認可校のメリット
      3. 他の有名な無認可校
      4. 無認可校の選び方
    8. 卒業後の進路
      1. 声優科の卒業生
      2. ゲームデザイン・プログラミング科
      3. イラストレーション・アート科
      4. OB・OGネットワークの活用
    9. プロ講師による特別講義のまとめ
      1. マンガ家:ふなつ かずきさん
      2. イラストレーター:美樹本 晴彦さん
      3. 株式会社Aiming 代表取締役:椎葉 忠志さん
      4. シナリオライター・小説家:永川 成基さん
      5. アニメーション脚本家:岸本 卓さん
      6. KADOKAWA MF文庫J編集長:神長 敬祐さん
      7. Rush Style 代表・声優:速水 奨さん
      8. イラストレーター:ゆーげんさん
      9. Production I.G代表取締役社長:石川 光久さん
    10. アミューズメントメディア総合学院 特待生
      1. 選考と定員
      2. 選考方法
      3. クランチロール特別奨学金
      4. その他の特典
  2. ミューズメントメディア総合学院の評判
    1. 学費はどうなってるの?
      1. 初年度
      2. 2年次
      3. その他費用
    2. 学費免除もある奨学金制度!
      1. 奨学金制度と特典
      2. 求める学生像
      3. 出願・エントリー期間
    3. 声優専科(夜間コース・日曜)
      1. 基本情報
      2. 学費
      3. コース内容
      4. 授業時間
      5. 特徴
    4. ノベルス専科(夜間コース)
      1. 基本情報
      2. 学費
      3. コース内容
      4. 特徴
    5. 入試の詳細
    6. 入試 科目はどうなってるの?
    7. 就職支援と実績は?
    8. アミューズメントメディア総合学院のメリット
      1. 1. 短期間でプロフェッショナルに
      2. 2. 高い業界就職率
      3. 3.高いプロダクション所属率:71%が即戦力としてデビュー
      4. 4.学内オーディション:70社が参加
      5. 5. 現場実践教育
      6. 6. 専門の講師陣
      7. 7. 就職・デビューサポート
      8. 8. OB・OGネットワーク
      9. 9. インターンシップと人脈形成
      10. 10. 学科間の良好な雰囲気
    9. アミューズメントメディア総合学院のデメリット
      1. 学費の問題:2年間で246万円
      2. JASSO奨学金不可:代わりの教育ローンあり
      3. 厳しい授業:本気で取り組む必要あり
    10. アミューズメントメディア総合学院 まとめ

アミューズメント メディア 総合 学院 評判:全体の概要

  • アミューズメント総合学院とは
  • 試験に落ちることがあるの?
  • 評判 声優科
  • 評判 イラスト科
  • 評判 ゲーム科
  • 掲示板での評判
  • 専門学校ではない?!
  • 卒業後の進路
  • プロ講師
  • 特待生

アミューズメントメディア総合学院とは?

この学院は、多くのクリエイティブな分野で高い評価を受けています。

主に声優、イラスト、ゲーム開発など、多岐にわたるコースが設けられています。

年間学費は約1,200,000円と、一般的な専門学校と比較しても高くはありません。ただ、奨学金制度も充実しているため、多くの学生が利用しています。

学科名 定員
ゲームクリエイター学科(ゲームプログラマー専攻・ゲームプランナー専攻) 45
ゲーム・アニメ3DCG学科 35
アニメーション学科(アニメーター・監督専攻/制作・プロデューサー専攻) 45
キャラクターデザイン学科 45
マンガイラスト学科 25
小説・シナリオ学科(ライトノベル専攻/文芸小説専攻/アニメ・ゲームシナリオ専攻/マンガ原作専攻) 35
声優学科 210

 

アミューズメントメディア総合学院 落ちる?

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の入学試験は、主に書類選考が中心であり、400字以内の作文と入学願書が必要です。

この作文は自宅で練ることができるため、特別な学力は必ずしも求められません。

ただし、入学願書は重要な自己PRの場となるので、適当に書いてしまうと不利に働く可能性があります。

また、合格後は原則として20日以内に学費を一括で納入する必要があります。奨学金制度も存在し、全額が支給されるケースもあります。

志望動機や長所、部活動の経験なども願書に記載すると良いでしょう。

さらに、早期出願やAOエントリーなど、多様な入学制度が存在するため、早めの行動が推奨されます。

結論として、AMGの入学は書類選考が中心であり、高度な学力は必ずしも必要ではありません。

しかし、書類の不備や適当な記入、入学金の未納などがあれば、落ちる可能性が高まります。

早めの行動としっかりとした対策が必要です。

 

 評判 声優科はどうなの?

口コミでの高評価

声優科は、多くの口コミサイトやSNSで高い評価を受けています。特に「プロの声優から直接指導を受けられる」という点や「実際の業界で使われる機材での練習ができる」といったコメントが目立ちます。

卒業生からの評価

卒業生の間でも、この学院での学びが非常に価値のあるものであったという声が多いです。具体的には、卒業後の就職活動で大きなアドバンテージを感じたという卒業生も少なくありません。

学費に対する評価

一方で、学費が高いという点については賛否が分かれるようです。しかし、「高い学費だがそれだけの価値はある」と評価する声も多く、奨学金制度の存在も評価されています。

カリキュラムと教育内容に対する評判

教育内容についても、実践的なカリキュラムが評価されています。特に、業界で即戦力となるスキルを身につけられるという点が高く評価されています。

ネガティブな評価とその対処

もちろん、すべてが良い評価ばかりではありません。一部には「競争が激しい」と感じる学生もいますが、そのような厳しい環境がプロフェッショナルを育む土壌になっているとも言えます。

以上の口コミや評判を総合すると、声優科は多くの点で高評価を受けており、将来の声優として成功するための素晴らしい環境が整っていると言えるでしょう

アミューズメント メディア 総合 学院 評判

 評判 イラスト科はどうなの?

口コミでの特色評価

イラスト科に関する口コミでは、「プロのイラストレーターからの直接指導」が非常に評価されています。具体的には、5つ星評価のうち4.8星という高評価を受けており、この点が多くの学生にとって魅力となっています。

ソフトウェアと実践的な授業

口コミでも頻繁に触れられるのが、最新のソフトウェアを使用した実践的な授業です。Adobe IllustratorやPhotoshopなど、業界標準のソフトウェアが教育に取り入れられているため、卒業後すぐに活躍できるスキルが身につくと評価されています。

卒業生からの評価

卒業生の口コミでは、イラスト科で学んだことが即戦力となり、多くが業界内で活躍していると報告されています。特に、卒業生の約80%がイラスト関連の仕事に就いているというデータがその証拠です。

以上の口コミと評価を踏まえると、イラスト科は高い教育水準と実践的なスキル習得の場として評価されています。

評判 ゲーム科はどうなの?

ゲーム開発環境のリアルな再現

ゲーム科では、UnityやUnreal Engine 4といった業界で広く使用されるゲームエンジンを用いて、実際のゲーム開発環境が再現されています。これにより、学生はプロと同じ条件での開発経験が積めるのです。

プログラミングからデザインまでの総合教育

この科の特徴として、プログラミングだけでなく、ゲームデザイン、3Dモデリング、サウンドデザインなど、ゲーム制作に必要な一通りのスキルが教えられます。このような総合的なカリキュラムが、学生から高い評価を受けています。

学費について

確かに、学費は年間約1,500,000円と高額ですが、その価格に見合った高度な教育と設備が提供されています。例えば、最新のゲーム開発ツールや高性能なPCが学内に備えられています。

卒業生の実績

卒業生は、ゲーム業界だけでなく、映像制作やVR(仮想現実)の分野でも活躍しています。特に、ゲーム業界での就職率は86%と非常に高く、その多くが大手ゲーム会社に就職しています。

以上の点を考慮すると、ゲーム科は実践的なスキル習得と業界での高い就職率を誇っています。

アミューズメント メディア 総合 学院 評判

掲示板での評判は?

掲示板では、多くの卒業生や在学生が情報交換をしています。一般的に評判は良いものの、学費の高さや厳しいカリキュラムについての意見も見られます。

専門学校ではない!

専門学校には「認可校」と「無認可校」の2種類があります。

それぞれにはメリットとデメリットがあり、自分の目的や希望に応じて選ぶ必要があります。

AMGは「無認可校」に分類され、その特性を活かして独自の教育方針を展開しています。

無認可校のデメリット

  • 学歴として認められない
  • 使えない奨学金がある
  • 通学定期が利用できない

無認可校のメリット

  • 現役プロの講師が50%以上配属される
  • カリキュラムが柔軟で業界のニーズに応じて変更可能

他の有名な無認可校

代々木アニメーション学院やヒューマンアカデミーも無認可校です。

無認可校の選び方

無認可校は法的拘束が少ないため、現役のクリエイターを多く講師に依頼できるなど、独自の強みがあります。

特に、変化の激しいアニメやゲーム業界においては、このような柔軟なカリキュラムが有利とも言えます。

最終的には、自分の目的や将来のビジョンに合った学校を選ぶことが重要です。

無認可校の特性を理解し、それが自分の目標に合っているかどうかを検討することが大切です。

 

卒業後の進路

アミューズメントメディア総合学院の卒業生は、多様なクリエイティブ分野で高い就職率を誇っています。

特に、ゲーム関連の学科では就職率が92.3%、アニメーション学科では100%という驚異的な数値を記録しています。

声優科の卒業生

声優科の卒業生は、業界内で高い評価を受けており、多くが有名な声優として活躍しています。

在学中には、ラジオや外画の仕事を経験するなど、一般の学校では得られない貴重な経験を積んでいます。

ゲームデザイン・プログラミング科

この学科の卒業生は、在学中からプロの現場での実績を上げ、多くがゲーム業界で成功しています。

学校側も早い段階から就職活動のサポートを行っており、卒業生は高い就職率を維持しています。

イラストレーション・アート科

イラストレーション科の卒業生は、商業イラストからキャラクターデザインまで、幅広い分野で活躍しています。

在学中には、企業との交流も深まり、多くの作品発表の機会を得ています。

OB・OGネットワークの活用

卒業してプロになった後も、学院は業界の第一線で活躍し続けられるように、強力なOB・OGネットワークでサポートしています。

プロ講師による特別講義のまとめ

マンガ家:ふなつ かずきさん

  • 主な作品: 『妖怪少女-モンスガ-』、『華麗なる食卓』
  • 内容: 現場での仕事の流れやアシスタントとの協力方法について、生徒からの質問も交えて詳しく語っていただきました。

イラストレーター:美樹本 晴彦さん

  • 主な作品: 「超時空要塞マクロス」「甲鉄城のカバネリ」
  • 内容: キャラクターデザインの裏側や、多角的なクリエイターとしての活動について深く掘り下げました。

株式会社Aiming 代表取締役:椎葉 忠志さん

  • 内容: ゲーム業界の変化とベンチャー企業で働くことのリアルについて、質疑応答を交えて説明していただきました。

シナリオライター・小説家:永川 成基さん

  • 主な作品: 「スカーレッドライダーゼクス」、「彼女と彼女の猫」
  • 内容: シナリオライターとしての多角的な活動や、プロになるための具体的なステップについて語っていただきました。

アニメーション脚本家:岸本 卓さん

  • 主な作品: 『ハイキュー!!』、『僕だけがいない街』、『ジョーカーゲーム』
  • 内容: アニメーション脚本家としての仕事内容や、原作がある作品とオリジナル作品の違いについて詳しく説明していただきました。

KADOKAWA MF文庫J編集長:神長 敬祐さん

  • 内容: ライトノベル業界で求められる作品や、新人賞での成功のポイントについて特別講義を行いました。

Rush Style 代表・声優:速水 奨さん

  • 内容: 声優としてのキャリア形成や、模擬オーディションでの審査を通じて、具体的なアドバイスを提供していただきました。

イラストレーター:ゆーげんさん

  • 主な作品: 「アウトブレイク・カンパニー」、「フィリスのアトリエ」
  • 内容: ライトノベルやゲーム業界でのイラストレーターとしての活動について、多角的な視点から語っていただきました。

Production I.G代表取締役社長:石川 光久さん

  • 内容: アニメーション業界の現状と未来について、包括的な視点から語っていただきました。

これらの講義は、各分野で活躍するプロフェッショナルから直接学べる貴重な機会となっています。それぞれの講師が持つ独自の視点と経験を通じて、学生たちは多くの知識と刺激を受けているでしょう。

アミューズメントメディア総合学院 特待生

特待生制度は、アミューズメント メディア 総合 学院で優秀な学生に対して最大90万円までの奨学金が支給される非返済型の制度です。

この制度は、特に優秀な学生に対して学費の一部または全額が免除されるとともに、返済の必要がないという大きなメリットがあります。

選考と定員

特待生の選考は全学科から60名が選ばれ、選考は2回に分けて行われます。

  • 1回目:早期出願、AO入学(第1期)を利用した学生の中から40名
  • 2回目:AO入学(第2期)、推薦、一般入学を利用した学生の中から20名

選考方法

  1. 一次審査:書類・課題
  2. 二次審査:基礎学力試験(国語・数学・時事問題)・実技・面接

クランチロール特別奨学金

さらに、特待生の中で最も優秀な1名には「クランチロール特別奨学金」が支給され、在籍2年間の学費・その他費用が全額免除されます。

この奨学金は、アミューズメント メディア 総合 学院とアニメ配信サービス「クランチロール」とのパートナーシップによって設立されたものです。

その他の特典

  • 早期出願やAO入学を利用すると、入学金が最大10万円免除される。
  • 新聞奨学生制度もあり、返済不要の奨学金が支給される。

このように、特待生制度は多くのメリットを提供しており、優秀な学生には大きなチャンスが広がっています。

ミューズメントメディア総合学院の評判

  • 学費は
  • 学費免除の奨学金制度
  • 声優専科 夜間コース
  • ノベルス専科 夜間コース
  • 入試詳細
  • 入試科目は?
  • 就職支援と実績
  • メリット
  • デメリット
  • まとめ

学費はどうなってるの?

アミューズメント メディア 総合 学院 評判

 

初年度

学科 入学金 授業費 施設設備費 演習実習費 合計
ゲームクリエイター学科 100,000 900,000 250,000 130,000 1,380,000
ゲーム・アニメ3DCG学科 100,000 900,000 250,000 130,000 1,380,000
アニメーション学科 100,000 850,000 230,000 100,000 1,280,000
キャラクターデザイン学科 100,000 900,000 250,000 130,000 1,380,000
マンガイラスト学科 100,000 850,000 230,000 100,000 1,280,000
小説・シナリオ学科 100,000 850,000 230,000 100,000 1,280,000
声優学科 100,000 880,000 200,000 100,000 1,280,000

2年次

学科 授業費 施設設備費 演習実習費 合計
ゲームクリエイター学科 900,000 250,000 130,000 1,280,000
ゲーム・アニメ3DCG学科 900,000 250,000 130,000 1,280,000
アニメーション学科 850,000 230,000 100,000 1,180,000
キャラクターデザイン学科 900,000 250,000 130,000 1,280,000
マンガイラスト学科 850,000 230,000 100,000 1,180,000
小説・シナリオ学科 850,000 230,000 100,000 1,180,000
声優学科 880,000 200,000 100,000 1,180,000

その他費用

内訳 初年度 2年次
教材費 153,000 123,000
学校行事費 35,000 35,000
学院生活費 15,000 15,000
交友会費 12,000 12,000
卒業年次諸費用 35,000
合計 215,000 220,000

※2024年度開設[俳優・声優アーティスト学科]の学費は、募集要項にてご確認ください。

学費は科目やコースによって異なりますが、一般的には年間1,200,000円から1,500,000円程度です。

ただし、多くの奨学金制度や特待生制度があり、それを利用することで学費を大幅に削減することも可能です。

アミューズメントメディア総合学院

学費免除もある奨学金制度!

奨学金制度と特典

奨学金制度名 最大免除額 主な特典 試験内容
早期奨学金チャレンジ制度 92.5万円 選考料免除、筆記試験免除、全額授業料免除、プレ講義、学籍確保 課題審査、面談
AO奨学金チャレンジ制度 90万円 全額授業料免除、プレ講義、学籍確保 基礎学力試験(国語・数学・時事問題)、面談
AO第二期奨学金チャレンジ制度 30万円 30万円授業料免除、プレ講義、学籍確保 基礎学力試験(国語・数学・時事問題)、面談
早期出願制度 12.5万円 選考料免除、100,000円授業料免除、プレ講義、学籍確保
AO入学制度(第一期・第二期) 10万円 100,000円授業料免除、プレ講義、学籍確保

求める学生像

奨学金制度名 求める学生像
早期奨学金チャレンジ制度・AO奨学金チャレンジ制度 1. エンタテインメント業界で活躍する意欲と熱意、2. 産学共同事業に積極的
早期出願制度・AO入学制度 1. エンタテインメント業界で活躍する意欲と熱意, 2. コミュニケーション能力, 3. 学院の教育理念や授業内容を理解

出願・エントリー期間

奨学金制度名 エントリー&課題提出期間 出願期間
早期奨学金チャレンジ制度 2023年4月1日~5月31日 2023年7月1日~8月31日
AO奨学金チャレンジ制度 2023年6月1日~8月31日 2023年10月1日~10月31日
AO第二期奨学金チャレンジ制度 2023年9月14日~11月17日 2023年12月9日~12月22日

*声優学科はオーディションもあります。

詳細は公式情報で確認することをおすすめします。

 

アミューズメント メディア 総合 学院 評判


声優専科(夜間コース・日曜)

基本情報

  • 対象: 中学生以上、30歳未満
  • 次回募集: 2023年11月生

学費

・入学金:3万円
・基礎科・研修科コース(半年ずつ):15万円~36万円、27万円~48万円

コース内容

  • 基礎コース: 発声・演技の基礎から学べる。
  • 研究コース: 演技実習・アフレコ実習・ナレーション実習など。
  • マスターコース: プロダクションオーディションに向けた総合カリキュラム。

授業時間

  • 平日 19:00~21:30
  • 日曜 10:00~12:30 / 14:00~16:30(基礎・研究コース)
  • 平日 18:30~21:40(マスターコース)

特徴

  • AMG MUSICとのコラボで声優アーティストを目指せる。
  • オンライン受講も可能。

ノベルス専科(夜間コース)

基本情報

  • 対象: 社会人、Wスクール生も可
  • 授業形式: 夜間週1回の講義

 

学費

・コース内容入学金:20,000円(税込)
・受講料:180,000円(税込)

コース内容

  • 小説家に必要なノウハウやテクニックを学ぶ。
  • 実践的な講義・投稿指導。

特徴

  • 講師は全て現役のプロ。
  • 新人賞投稿まで完全フォロー。
  • 少人数制で一人ひとり丁寧にサポート。

以上が声優専科とノベルス専科の夜間コースに関する主な情報です。どちらも夜間・週末に対応しているため、日中忙しい方でも学べる設計となっています。

入試の詳細

アミューズメント メディア 総合 学院 評判
 
入試種別 選考方法と詳細 エントリー期間 備考
AO入試 個人面接(対面/オンライン)、書類選考(入学願書・調査書等) 6月1日~10月31日(複数の面接日あり) 初年度授業料より10万円免除
特待生入学 基礎学力試験(国語・数学・時事問題)、実技試験、グループ面接、作品審査 第一期:6月1日~7月25日、第二期:10月1日~11月15日 授業料免除(SS, A, B, C, D, E, Fランク)
推薦入学<学校推薦> 書類選考(入学願書・推薦書・調査書等) 2023年10月1日~2023年12月22日 推薦書は資料ご請求時に願書と共に同封されています。
推薦入学<自己推薦> 書類選考(入学願書・推薦書・調査書等) 2023年11月1日~2023年12月22日 熱意と意欲を持って自らを推薦。推薦書は資料ご請求時に願書と共に同封されています。
一般入試 書類選考(入学願書・調査書等) 2023年10月1日~2024年3月31日

この表は各入試の主要なポイントをまとめたものです。詳細は各種公式情報をご参照ください。

入試 科目はどうなってるの?

入学願書には、作文が含まれています。

筆記試験がある場合は、国語、数学、時事問題が出題されます。

また特待生入試では実技試験や作品審査も含まれています。

 

就職支援と実績は?

アミューズメントメディア総合学院(AMG)は、卒業生の業界就職に特化した充実したサポートを提供しています。

全体の就職率が約90%という高水準を維持しているだけでなく、各学科においても顕著な成果を上げています。

特に、ゲームクリエイター学科とゲーム・アニメ3DCG学科では、業界就職率が92%に達しています。

さらに、キャラクターデザイン学科では、ゲーム・グッズ系会社への就職率が驚異の94%です。

このような高い就職率を支える要素として、学院が提供する多角的なキャリアサポートが挙げられます。

専門のキャリアアドバイザーが一人ひとりの学生に対して、業界研究から面接対策まで、きめ細かな指導を行います。

また、学院内での独自のインターンシッププログラムや業界人とのネットワーキングイベントも頻繁に開催され、実践的なスキルと人脈形成を促しています。

ただし、これらの高い就職率を維持・向上させるためには、学生自身の積極性と努力が不可欠です。

学院内での成績やプロジェクトでの実績は、就職活動において非常に大きな影響を与えます。

そのため、学生は常に自己成長とスキル向上に励む必要があります。

総じて、AMGは卒業生が業界で成功するための多面的なサポートを提供していますが、その成果を最大限に引き出すためには、学生自身の持続的な努力が不可欠です。

アミューズメントメディア総合学院のメリット

1. 短期間でプロフェッショナルに

  • AMGは2年間の短期集中型のカリキュラムを提供しています。これにより、学生は早期に業界に飛び込むことが可能です。長い年月をかけずに、必要なスキルと知識を習得できるのは大きな魅力と言えるでしょう。

2. 高い業界就職率

  • 特定の学科では、業界就職率が90%以上と非常に高いです。これはAMGが提供する実践的な教育と業界との強いつながりが、学びの成果を確実に就職につなげている証拠です。

3.高いプロダクション所属率:71%が即戦力としてデビュー

  • 2022年度の東京校の実績によれば、卒業生の71%が声優プロダクションに直接所属しています。さらに、声優業界に進出した卒業生の割合は驚異の98%以上です。

4.学内オーディション:70社が参加

  • 学院では1日に1社限定でプロダクション所属のオーディションが開催され、参加するプロダクションは70社にも上ります。これは他の声優専門学校の30社程度と比較しても圧倒的です

5. 現場実践教育

  • 在校生と卒業生が共同で作品を作成し、実際の市場に送り出す「産学共同・現場実践教育」が行われています。これにより、学生は在学中から業界の現場での経験を積むことができます。

6. 専門の講師陣

  • 業界で活躍する現役のプロフェッショナルが講師として指導を行います。そのため、最新の業界情報や実践的なスキル、長期的なキャリア形成に必要な心構えなどを学ぶことができます。

7. 就職・デビューサポート

  • 専任の就職担当スタッフが一人ひとりに合わせて徹底的にサポートします。これにより、学生は自分の夢や目標に最も適した就職先やデビューの機会を掴むことができます。

8. OB・OGネットワーク

  • 卒業後も学院がバックアップし、業界での発展をサポートします。このネットワークは、卒業生が業界で成功を収めた後も継続的なキャリアサポートを提供しています。

9. インターンシップと人脈形成

  • 実際の業界でのインターンシップがあり、貴重な人脈と情報を得られます。これは特にエンターテイメント業界では重要な要素であり、早い段階で業界の内側を知ることができます。

10. 学科間の良好な雰囲気

  • 学科によっては生徒同士の仲が良く、互いに切磋琢磨しながら学べる環境があります。これは学びだけでなく、心の健康にも寄与しています。

アミューズメントメディア総合学院のデメリット

学費の問題:2年間で246万円

学費は2年間で約246万円と、一般的な声優専門学校と比較しても平均的です。

ただし、この費用には多くの実績とバックアップ体制が含まれています。

JASSO奨学金不可:代わりの教育ローンあり

JASSOの奨学金は利用できませんが、教育ローンを利用することで負担を軽減できます。

厳しい授業:本気で取り組む必要あり

授業は厳しく、ついていけなくなる人もいます。しかし、その厳しさが逆に本気で声優を目指す生徒には評価されています。

このように、アミューズメントメディア総合学院は多くのメリットを提供していますが、それには一定のコストと努力が必要です。

それでも、その価値は高いと言えるでしょう。

アミューズメントメディア総合学院 まとめ

「アミューズメント メディア 総合学院 評判」のまとめ。

  • 高度な教育と設備が提供される
  • ゲーム開発環境のリアルな再現
  • プログラミングからデザインまでの総合教育
  • 学費は年間約1,500,000円だが奨学金制度も充実
  • 卒業生はゲーム業界や映像制作、VRの分野で活躍
  • 独自に設計されたカリキュラム
  • 多角的な評価基準が設けられている
  • 業界との密接な連携
  • 授業は厳しく、本気で取り組む必要がある
  • 声優科ではプロの声優から直接指導が受けられる
  • イラスト科ではプロのイラストレーターからの直接指導
  • 卒業後の就職活動で大きなアドバンテージを感じる卒業生も多い
タイトルとURLをコピーしました